青年海外協力隊の給料・年収・待遇

青年海外協力隊員はボランティアですが、派遣国と日本の往復交通費、現地での生活費などの必要経費、それに加えて毎月の手当てが支給されます。その内訳を見て行きましょう。

往復交通費は全額支給

派遣国と日本の間の往復交通費は全額支給されます。ただしこれは一番初めに派遣国に赴くときと、任期を終えて帰国する際に限ります。

たとえば2年の任期の途中で一時帰国する場合は、自己負担となります。

住居費は全額支給

住居は現地勤務先・またはJICAによって斡旋され、家賃・光熱費は全額支給されます。

基本的に勤務先から徒歩圏内の住居に住むことができます。

生活費の額は?

毎月の生活費も支払われます。額面は派遣国の物価によって異なりますが、通常は派遣国の大卒初任給程度の額が、米ドルから現地通貨に換算され支払われます。

目安として1ヶ月285~755米ドルほどです。途上国の給与水準がベースとなりますので、日本で働くよりは少ない給与となってしまうことを覚悟しておく必要があります。

青年海外協力隊員は派遣国の銀行に口座を作り、生活費はその口座に毎月振り込まれます。

手当ての額は?

訓練期間と派遣期間のそれぞれに月々の手当てがあります。額面は派遣国に関わらず一律です。

訓練期間は月々4万円、派遣期間は月々5万5千円です。帰国後にも一定期間手当てが支給されます。

手当ては日本国内の本人名義の口座に振り込まれます。毎月決まった額が振り込まれますが、日本で働くよりも生活費がかからないため、しっかり貯金ができる人もいるかもしれません。

年収は派遣国によって異なりますが、生活費と手当てを単純に合計すると100万円〜200万円の範囲に収まるでしょう。

ボランティアながら手厚い支給体制が整っている青年海外協力隊員は、金銭面でのセーフティネットを確保しながらも海外経験を積めるプログラムといえます。