女性の青年海外協力隊

発展途上国で2年間仕事をする青年海外協力隊員。その中でも女性隊員の働きやすさについて見ていきたいと思います。

女性隊員の割合

女性隊員の割合については、派遣年度によりばらつきはありますが、おおむね全派遣数の半数ほどで推移しているようです。

性別により合否が決まることはないという大前提があるため、女性も積極的に青年海外協力隊に応募し、採用されている状況が見てとれます。

派遣先の考慮はあるのか

派遣先の中でも、国や地域によって治安の良し悪しは大きく異なります。女性だからというので、比較的治安の良い派遣先に決定する、ということはあるのでしょうか?

答えは、「そうとも限らない」です。実際に、治安が不安定な中南米の都市部やアフリカ中央部にも女性が派遣されています。

そもそも、極端に治安が悪い地域には青年海外協力隊の派遣自体がない、という事情もあります。

しかしパプアニューギニアの一部地域など、治安がJICA基準のギリギリのレベルの派遣先には、男子のみしか派遣しない、と初めから定められている場合もあります。

女性隊員ならではの苦労とは

派遣地域によっては男尊女卑の考え方が根強いことがあり、現地の男性同僚と一緒に仕事をする上で、違和感や不便を感じるケースもあるようです。

しかし、外国人であること、言葉が完璧でないことなどさまざまな要因が絡んでくるので、一概に女性だから差別を受けていると言い切れない場合もあり、判断が難しいところです。

男性ではなく、はっきり女性ということで体験する苦労は、セクハラへの対処かもしれません。

これも国によって程度の違いはあるでしょうが、あまり騒ぎ立てず軽く受け流すようにしておかないと、職場での立場に影響が出てしまうこともあります。

セクハラにはもちろん注意が必要ですし、あまり気軽に応対しすぎるとエスカレートすることもありますので、周囲に協力してもらいながら対処しましょう。