青年海外協力隊員に合格するためには

やりたい仕事を決めて対策を立てる

理系や経済学の知識、社会人経験などが有利になりがちな青年海外協力隊ですが、文系の学生でも隊員になることはできます。

ただし、その場合でももちろん「ボランティア活動に貢献できる自分の能力」のアピールが重要になってきます。

青年海外協力隊員の募集要項では「特別な資格を必要としない職種」に位置づけられているでも、それなりの経験や知識が求められます。

たとえば小学校の教員補助は教職課程を修了していたり、教員免許を持っていると有利とされています。

また、コミュニティ活性化事業といったコミュニケーション系の仕事でも、大学で人間科学や国際関係学を専攻していたという経歴が有利に働くことが想像されます。

そのため大学生のうちに、特別な資格がない状態で青年海外協力隊に応募したいという人は、応募を決めた時点から大学でやりたい職種に関する課目を履修したり、独自に勉強したりすることが大事です。

知識や経験に基づいて職種を選ぶ

青年海外協力隊の職種は、理系や経済の知識が求められる専門性の高いものがたくさんあります。

大学での専攻が専門性の高い分野であったり、何か特別な資格を持っている、社会人で特定分野の経験が豊富という人は、自分の知識や経験に最も当てはまる職種を選ぶと、採用の確率が高くなるといえるでしょう。

語学の勉強もコツコツと

海外で現地の人とコミュニケーションを取りながら働くわけですから、語学能力がある程度あることも、重要な選考基準になります。

青年海外協力隊に応募する際には、語学力証明書類のコピーの提出を求められます。JICAが定めたいずれかの英語能力検定試験で、レベルはA、B、C、Dに分かれています。

A、Bレベルでないと応募もできないという職種もありますが、それほど語学力にこだわらない職種もあります。

また、完全に英語だけを使用して仕事をする職種はそれほど多くありません。ほとんどの場合は、現地の言語の学習が必要となります。

とは言え高いレベルの英語力があれば選考の際に有利になるので、応募を決めた時点から英語力アップに努め、応募書類の提出時には満足のいく結果を出しておきたいものです。