生命保険会社に特有の職種

生命保険会社は大きな組織であることが多く、各社でさまざまな職種の人たちが活躍しています。

ここでは、生命保険会社に特有といえる職種のうち、代表的なものを紹介します。

営業の仕事

生命保険会社のさまざまな仕事のなかでも、会社の「顔」といえるのが営業の仕事です。

法人営業

営業職のなかでも、個人ではなく、法人(企業・団体)を顧客とする営業活動を行う仕事です。法人の従業員・職員の人を対象に、コンサルティングをしながらセールスを行なっていきます。

一定期間の実務経験を経た後は、部門を率いる管理職を目指していくことになります。

個人営業

個人の方を顧客とした営業活動を行う仕事です。

お客さまによって現在置かれている環境や人生プランは異なるため、相手のニーズをよくヒアリングしたうえで、その方に合う保険商品を提案します。

法人営業と同様、一定期間の実務経験を経た後は、部門を率いる管理職を目指していくことになります。

外交員

個人あるいは法人のお客さまと、新たに保険契約を結ぶための営業活動をする仕事です。

営業職社員と似たような仕事をしますが、外交員の場合は完全な正社員ではなく、「個人事業主」として会社と契約を結んで働くことが一般的です。

保険外交員の仕事

総合職(基幹職)

入社後、営業、企画、海外事業、資産運用、経営管理、IT・システムなど多様な業務経験を積みながら、幅広くスキルを身につけていきます。

数年ごとにキャリアチェンジを行いながら、各部門や会社の中核を担う「幹部候補」としての成長を目指します。多くの場合、全国各地への転勤や海外赴任の可能性もあります。

業務職(一般事務職)

契約手続きやお客さま対応など、営業のサポートやアフターサービスを中心に担当します。

コールセンターに勤務し、生命保険に関するさまざまな質問に答えることも重要な役目です。