生命保険会社の就職、求人、採用の状況

大手では新卒の採用が中心

生命保険会社のなかでも、業界トップクラスの大手企業では、毎年必ず新卒採用を実施しています。

そこでは一回の採用で数百名といった規模の人数を新たに採用する企業も珍しくありません。中堅クラスの企業でも、新卒採用を積極的に行うところは多く、この業界の就職市場は活発であるといえるでしょう。

なお、生命保険会社は「金融業」という安定したイメージが根付いている業種に属することからも、学生の就職先としての人気は抜群です。

実際、業界全体の平均年収はやや高めとなっており、待遇面も充実している企業が多いようです。

ただし、大手には全国から優秀は学生がこぞって集まるため、就職試験の倍率は非常に厳しいものとなることもあるようです。決して楽に就職ができるというわけではありません。

営業の求人は非常に多い

生命保険会社のなかでも、最も求人が目立つのが「営業」の仕事です。

生命保険の営業は、給料や待遇がよい反面、ノルマなど厳しい部分もたくさんあり、仕事が合う・合わないがハッキリと出やすい仕事だといわれています。

そのため、成果が出せる人は長く働き続けている一方、短期間で職場を離れてしまう人も少なくないようです。

そのように人の出入りは激しいですが、営業は生命保険会社にとっては不可欠な存在であるため、年間を通じて募集を出している企業が多くなっています。

より専門性の高い仕事を目指すなら

生命保険会社では多様な業務がありますが、より専門性の高い仕事として「アクチュアリー」というものが挙げられます。

アクチュアリーは、確立や統計学の知識を駆使する数理業務のスペシャリストであり、保険商品の適性な保険料を設定したり、商品開発を行ったりする仕事です。

この職種に関しては、大学や大学院で理数系を専門としていた人が積極的に採用される傾向にあり、誰にでもできる仕事ではない重要な業務を任されることが多いでしょう。

アクチュアリーの仕事