生命保険会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

大手生命保険会社は大卒者中心の採用

生命保険会社社員として働くには、各生命保険会社が行う社員採用試験を受験する必要があります。

大手生命保険会社では、毎年必ず新卒採用を行っているところがほとんどで、一度に100名以上の社員を新たに採用しています。

その場合の募集職種は、大きく分けて「基幹職(総合職)」と「営業職」があります。基幹職(総合職)は、企画立案、折衝調整、管理業務といった幅広い業務に従事し、会社の中核を担う人物としての成長を目指します。

営業職については、お客さまのライフプランに応じた生涯設計の提案などの実務を通し、生命保険会社では不可欠な「営業」という仕事のプロフェッショナルを目指していきます。

大手生命保険会社では、基本的に大卒以上の学歴が求められています。生命保険会社は就職先として根強い人気を誇っており、大手になると全国から優秀な学生が集まります。

有利になる学部・学科は?

生命保険会社社員として働くうえで、特定の学部・学科出身でなければならないということはありません。

保険業界は、業種の分類では金融系に属するため、基幹職や営業職は経済学部などを中心とする文系の人が多いといわれています。

しかし特別有利になる学部・学科というものはなく、さまざまな学部・学科出身の人が活躍しています。基本的に、業務に必要な金融や保険の知識は、入社後、社内の研修などを受けて学んでいくことができるため、学校でどのような勉強をしていても生命保険会社に入ることは可能です。

ただし、一部の生命保険会社では、数理部門で働く「アクチュアリーコース」といった募集コースを設けているところもあります。その場合、理数系を専攻し、保険数理業務の基礎となる能力を有していることが応募資格になっていることがあるため、注意が必要です。

アクチュアリーの仕事

中途採用も活発

生命保険会社では新卒採用のほか、中途採用もよく行われています。とくにこの業界の営業職は離職率が高めとわれており、人の入れ替わりが激しくなりがちです。

求人は通年でよく出ており、異業種からの転職で生命保険会社へ入社するという人もそれなりにいるようです。