生活相談員のやりがい、魅力

困っている人の力になることができる

利用者やその家族と直に接することが多い生活相談員には、「施設の顔」としての役割が期待されます。

生活相談員の対応によって、相手の介護サービスに対する満足度も変わってくるといっても過言ではありません。

また、利用者との面談をするなかでは、相手の困りごとに寄り添う必要もあります。

大変なことも多いですが、こうした業務を通じて介護を必要とする多くの方の力になることができ、直接「ありがとう」と声をかけてもらえることが多々あります。

自分ががんばって働くことで、人の豊かな暮らしや幸せに少しでも貢献できていると感じられる点は、この仕事のやりがいだといえるでしょう。

多くの人との出会いがある

生活相談員が働く施設では、介護職員など多くのスタッフが連携して仕事を行います。

利用者やその家族だけでなく、たくさんの人とのつながりが持てる仕事であり、その関わりの中で自らの人間性を磨いていくことができることも、この仕事の魅力だといえます。

介護の仕事はニーズが高まっている反面、大変だというイメージを持たれることも多いです。

しかし、人の温かさや優しさに触れて感激できることもたくさんあるでしょう。

どのような仕事も苦労がありますが、さまざまな人と深く関わりながら仕事をしたいと考える人にとっては、きっと大きな充実感を得られるはずです。

介護の世界でキャリアアップも可能

介護職といわれる仕事は、さまざまなものがあります。たとえば、生活相談員として経験を積んでいった後にはケアマネジャーとなり、さらにホーム長(施設長)を目指すためにがんばっている人も少なくありません。

生活相談員自体、介護施設に必ず1人以上配置することが義務付けられているため、需要は安定しているといえます。

さらに、生活相談員は介護職員としての役割を兼務したり、施設によって多岐にわたる業務を担うことが多いため、仕事をしながらこの業界で働き続けるための実力をどんどん身につけていくことができます。