生活相談員の仕事内容、役割

介護施設における相談業務が中心

生活相談員とは、特別養護老人ホームや指定介護老人福祉施設などの介護施設において、利用者受け入れ時の面談や契約、各種手続きなど、窓口的な業務を担当する人のことをいいます。

これらの介護事業所においては、営業時間中に「1名以上」の生活相談員を配置することが義務化されています。

生活相談員の業務範囲は実に幅広いことが特徴です。

利用者がサービスを利用するための環境整備や利用者の家族からの相談対応、契約業務、さらには主治医やケアマネジャー、介護職員など内外との連絡調整も行います。

具体的には、主に以下のような業務に携わっています。

相談業務

利用者やその家族と面談し、相手の生活状況やニーズを把握します。受け入れ時だけでなく、介護計画を見直す際などにも面談を行います。

通所介護契約

「ケアマネジャー」と連絡調整しながら、施設において利用者を受け入れる際に必要な契約手続きを担当します。

運営・管理業務

立場によっては、施設の運営やマネジメントに携わることもあります。

介護業務

基本的に介護業務は「介護職員」が行いますが、生活相談員が現場業務を兼務することもあります。

施設によって業務は異なる

介護施設といっても、大勢の利用者がいる大きな施設から、小さな施設までさまざまな規模の施設があり、それぞれそこで働く生活相談員の仕事内容も異なってきます。

大きな施設では複数の生活相談員が在籍し、分業して業務に携わるケースが多いようですが、小規模のところでは実際の介護業務にも携わったりと、多様な業務を担当することもあるようです。

生活相談員の資格要件は「入所者の生活の向上を図るため適切な相談、援助等を行う能力を有すると認められる者」とされていますが、実際に個々の生活相談員がどのような業務を担うかは、施設の営業方針によっても異なるようです。

いずれにしても、生活相談員は介護施設を運営するうえで不可欠な存在であり、また施設全体を見渡す立場として活躍することが多いです。

生活相談員の活躍があってこそ、利用者は安心して、快適に介護サービスを受けることができるといっても過言ではありません。