生活相談員の就職先、働く場所

介護福祉施設が中心

生活相談員の主な就職先は、「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」のほか、「ショートステイ」といわれる短期入所生活介護、「デイサービス」といわれる通所介護となっています。

生活相談員は、これらの施設を利用したいと考える人に本人やその家族の相談に乗り、入所手続きをサポートしたり、内外の関係者と連携を図りながら適切な援助計画を考えたりします。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、要介護1から5の認定を受けた65歳以上の人が入所する施設です。

身体上または精神上著しい障害によって常に介護が必要な人、同時に自宅で適切な介護を受けることが困難な人に対し、入浴・排泄・食事等の介護や日常生活上の世話、機能訓練、健康管理等を行います。

生活相談員は主に利用者の相談対応、入退所の手続き、施設内での連携や調整などの業務を担当します。

ショートステイ

ショートステイは、特別養護老人ホームなどが常に介護が必要な人の短期間の入所(連続利用日数は30日まで)を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練などのサービスを提供することをいいます。

生活相談員は主に利用日の調整、ケアプランの策定、利用者の部屋割り、内外の関係者との連携・調整を担当します。

デイサービス

デイサービスでは送迎バスで利用者を送迎し、さまざまなレクリエーションや食事、入浴などの生活援助サービスを提供します。

他の利用者やスタッフとの触れ合いを通して利用者の孤立感を解消したり、自宅で介護を行う家族の負担軽減などにつなげることを目的としたサービスです。

また、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなども日帰りで提供しています。

生活相談員は主に利用者の相談対応、契約の手続き、サービス計画の考案、連絡調整などを担当します。

障害者福祉施設で働く人も

上記の施設のほかに、身体または知的障害者福祉施設で勤務する生活相談員もいます。

そこでは、入所者の生活援助や訓練、施設内作業の指導や各種行事の立案・実行、保護者、関係機関との調整などを主な業務としながら、入所者の自立を援助していくことを目指します。

仕事内容は働く施設によって多少異なりますが、高齢者や障害者が安心して生活できるようにさまざまなサポートを行うことが生活相談員の役割です。