生活相談員の給料・年収・収入

平均年収と給料

生活相談員の給料は、勤務先の規模や地域、所持している資格、スキル、経験等によって異なります。

年収にして300万円〜400万円程度、月給は20〜25万円程度ががボリュームゾーンといわれていますが、経験を積むことで徐々に収入アップも望めます。

特別養護老人ホームなどではケアマネジャーが生活指導員を兼務していることも多く、その場合、ケアマネジャーとしての給料に職務手当が加算されることが一般的となっているようです。

パートなど時給制で働く場合、時給900円〜1100円程度になることが多いようです。

いずれにしても、年収500万円以下という人が多いようで、この仕事で桁違いの高額な収入を得ることは難しいといえます。

そのなかでもできるだけ収入を増やしたいのであれば、スキルアップに励んでセンター長、施設長などの管理職を目指していくべきでしょう。

マネジメントを行う立場になると、年収450万円〜500万円以上をもらえる施設が多いようです。

安定した環境で働き続けるために

「介護業界は給料が安い」というイメージが根付いているようですが、実際、まだ民間企業の参入が始まってから歴史が浅く、若い人も多く働いていることから、平均給与はどうしても低めになってしまうようです。

安定した環境で長く働きたいのであれば、ボーナスの支給有無や福利厚生の内容についてもよく確認しておきましょう。

生活指導員は基本的に資格が必要とされるため、それを持っていることで資格手当が加算される施設とそうでない施設では、収入にだいぶ差が出る場合もあります。

この業界はスキルや経験が重視されることも多く、長年働き続けてキャリアを磨けば収入アップにつながる可能性も十分にあります。

生活相談員からケアマネジャーへ、さらに管理職へとステップアップできる施設もありますので、将来をしっかりと見据えて職場選びをしたいものです。