生活相談員になるには

生活相談員の資格要件

生活相談員は、主に特別養護老人ホームやデイサービスなどの介護施設で働いています。

生活相談員になるための資格要件は、都道府県によって異なります。

一般的には、「社会福祉法第19条第1項各号のいずれかに該当する者又はこれと同等以上の能力を有すると認められる者」と規定されており、具体的には「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」いずれかの資格が求められます。

このうち、社会福祉士と精神保健福祉士は国家資格であり、「福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する」などの要件を満たして国家試験に合格する必要があります。

社会福祉士の仕事
精神保健福祉士の仕事

もうひとつの社会福祉主事任用資格とは、各地方自治体の福祉事務所の職員として働く際に必要とされる資格です。

この資格を取得する方法はいくつかありますが、代表的な方法は「大学や短大で社会福祉に関する科目を履修する」か、「厚生労働大臣指定の養成機関や講習を修了する」の2通りです。

そのため、まずは社会福祉に関する科目が学べる大学などに進学し、必要な知識を身につけて資格取得を目指すとよいでしょう。

社会福祉主事の仕事

資格が必要とされない場合でも、社会福祉主事と同等以上の能力があることを前提に採用されることが多いため、福祉に関する知識を身につけておくほうが就職には有利となるでしょう。

このほか、生活相談員の業務に関連する資格として「介護福祉士」「介護支援専門員(ケアマネジャー)」などがあります。これらの資格を持っている人も、生活相談員として活躍しているケースは珍しくありません。

介護福祉士の仕事
ケアマネジャーの仕事

就職先を探す

生活相談員の資格要件は施設によって異なるため、就職先を探す際は、各施設の求人情報をよく確認する必要があります。

なかには、介護業務経験を必要としたり、書類作成などを行うことからパソコンスキル、利用者の送迎を行う場合には普通自動車免許を必須とするところもあるようです。

また「生活相談員」という名称で募集していても、実際の業務内容は施設によって異なります。

たとえば、生活相談員とは名ばかりで、ほぼ介護職員としての仕事を任されることもあるようです。仕事内容までしっかりと調べることが必要になるでしょう。

生活相談員としてキャリアを積むと、次のステップとしてケアマネジャーの資格取得を目指したり、施設長といった管理職への道を歩んでいくこともできます。