生活相談員の勤務時間・休日

施設によって異なる勤務時間

生活相談員の勤務時間は、勤務先となる施設によって異なります。

基本的には各施設のサービス提供時間に合わせて働くことになりますが、たとえば一般的なデイサービスで常勤スタッフとして勤務するのであれば、勤務時間はだいたい8:30〜17:30、1日実働8時間程度で設定されていることが多いようです。

特別養護老人ホームなどで介護職員を兼務する場合には、夜間の勤務を行うこともあるかもしれませんが、基本的に生活相談員の仕事は日中の時間帯に行います。

勤務時間中は利用者と接しながら忙しく働くものの、介護関連の仕事のなかでは、比較的規則正しい生活が送りやすいといえるでしょう。

残業の状況は?

日によって異なりますが、多少の残業が発生することもあるようです。

残業では利用者やその家族との面談の記録を報告書にまとめたり、施設利用に関する書類作成をしたりと、デスクワークが中心になります。

また、他のスタッフと施設運営に関わるミーティングを行い、それが長引いて残業となることもあります。

小さな施設では生活相談員が担当する業務範囲も多岐にわたりがちなため、どうしても仕事量が増え、残業が多くなってしまうということもあるようです。

休日・休暇

生活相談員の休日も、施設の営業状況によって変わってきます。

基本的に週に2日は休めますが、必ずしも勤務する施設が月曜〜金曜で営業しているとは限らず、場合によっては土日を含めたシフト勤務になることもあります。

シフト勤務の場合は4週8休程度の休みが設定されているものの、休日は平日になったり、週によって曜日が変わったりと不規則なものになりがちです。

このほかの休暇制度としては、年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇、忌引休暇、結婚休暇、介護休暇、産前産後休暇などが整っている施設が多いです。

詳しくは各施設の求人情報をよく確認してみましょう。