政治家の給料・年収

国会議員の給与と経費

国会議員の給料は、「歳費」と呼ばれています。役職についていない議員で、年収は少なくみて約2,000万円(推定)、加えてボーナスのようなもの(期末手当)や事務費等で2,000万円以上は支給されるようです。 ※参考:国会法35条、106条等 総務省資料

加えて、国会議員は3人の秘書(政策秘書、第1秘書、第2秘書)の給与を公費で賄うことができるので、秘書給与も1,800万円以上支給されます。合計では、少なくとも年間6000万近くは支給されている計算になります。

これに加えて、各議員には、いわゆるタダ券と呼ばれるJR特殊乗車券、国内定期航空券の交付があります。また、「政党助成金」と呼ばれるものが、各政党に、選挙での各政党の得票率に応じて分配されます。

このように1人の国会議員には、多額な税金が使われています。ただし、事務所の運営など国会議員の活動には多額の経費がかかり、自腹で負担する部分もあるので、すべての政治家がお金持ちというわけではありません。

<国会議員の歳費・公費>
・基本給+期末手当:2,000万円
・文書通信交通滞在費:1,200万円
・立法事務費:780万円
・秘書給与:1,800万円〜 ※3人の場合
合計:6,000万円以上

地方議員の給料

一方、地方議員はどうでしょうか。たとえば市町村議員の場合、自治体によって大きく異なっています。多い市議で月額100万円弱、少ない自治体では、なんと10万円以下という村もあります。

これに期末手当と呼ばれるボーナスが加わります。議会が開かれているのは、100日以下ですが、ほぼ毎日何らかの仕事をしている議員が多いようです。

決して多すぎる給料と言えないその懐事情からも、兼業している地方議員が多いのかも知れません。
※出所:全国市議会議長会(平成19年調査)、国家公務員特別職職員の給与に関する法律