スクールカウンセラーと養護教諭の連携

子どもをケアする二つの職業

昔の学校にはスクールカウンセラーは勤務していませんでしたが、実は今のスクールカウンセラーがしているような仕事を実質的に担っている人がいました。

それが、養護教諭、いわゆる「保健室の先生」と呼ばれている存在です。

保健室というのは、さまざまな事情を抱える生徒が集まる場所でもあります。

「体育の授業中にケガをしたから傷口の手当てをしてほしい」という生徒もいれば、「教室に近づくと吐き気がするので保健室で一日を過ごしたい」というような生徒もいます。

前者の場合はケガの応急処置をすればそれで終わりですが、後者の場合は具体的なケガや病気があるわけではないため、あくまでも心の問題となります。

養護教諭としては生徒の話をよく話を聞いたうえで、どうしても教室に行くのが難しければ保健室で自習をする「保健室登校」の扱いにすることも考えなければいけません。

このように、以前は養護教諭が子どもたちの身体のトラブルも心のトラブルもケアする役割を果たしていました。

しかし、スクールカウンセラーという職業が誕生したことで、「身体のトラブルは養護教諭」、「心のトラブルはスクールカウンセラー」と担当を分けることができるようになり、より専門性の高いケアができるようになりました。

今の学校では、この二つの職業が連携しながら、子どもたちの心と身体の健康を守っているのです。

養護教諭の仕事

連携で心と身体を守る

それでは、具体的にはどのような形で連携をしているのでしょうか。

たとえば、頻繁に「お腹が痛い」と言って保健室に駆け込んでくる生徒がいるとします。

養護教諭はこの生徒からお腹の痛む場所や嘔吐・下痢の有無などを聞き出して、病気の可能性をさぐります。

痛みがおさまるまでベッドで休ませたり、病院に連れて行ったり、教師に報告をしたりします。

そうして様子を見ていても一向に改善しない場合、養護教諭は「心の問題からくるお腹の痛みなのではないか」と考えるようになります。

この段階で教師やスクールカウンセラーに相談し、生徒の生活の中で家庭問題やいじめなどのトラブルが起きていないかなどを話し合います。

そしてスクールカウンセラーが勤務している日に面談の時間を設け、生徒の話をゆっくり聞ける環境を整え、問題解決のための話し合いを重ねていくのです。

このように、スクールカウンセラーと養護教諭の連携は、今の学校において欠かせないものともいえます。