スクールカウンセラーの資格

「精神科医」や「臨床心理士」の資格

最近では、「スクールカウンセラー」という職業の認知度があがってきて、子どもがいる家庭を中心にその存在がよく知られるようになりました。

しかし、「スクールカウンセラー」という言葉は知っていても、実際にどのような資格を持っている人がこの仕事に就いているのかを理解している人は意外と少ないようです。

実は、スクールカウンセラーには「スクールカウンセラー」という名の特別な資格があるわけではありません。

この仕事に就いている人は「精神科医」であったり「臨床心理士」であったりと他の職業の資格を保持しているケースが多く、このようなさまざまな職種の人たちがスクールカウンセラーとなって子どもたちと接することになります。

「精神科医」の場合は大学の医学部で勉強して国家試験を受けて、医師免許を取得する必要があります。

「臨床心理士」の場合は、臨床心理士養成に関する大学院で勉強して受験資格を取得したのちに、日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必要です。

臨床心理士の仕事

心理系の資格には、他にも「教育カウンセラー」や「学校心理士」などがあり、このような資格を取得している人たちの中にもスクールカウンセラーとして働いている人がいますが、やはり「臨床心理士」の資格保持者が多いようです。

資格の取得が近道に

スクールカウンセラーになるためには、資格は絶対に必要なのでしょうか。

実は、厳密にいえば、医学や心理学の資格を取得していない人でも、スクールカウンセラーとして働くことは可能です。

ただし、やはり資格を取得しているほうが、学校関係者にも保護者や生徒にも安心感を与えることができるということがありますし、就職の際に有利になることが多いようです。

いじめや犯罪被害のケアともなるとスクールカウンセラーの働きかけが子どもの将来を左右するくらいに重要なものになるため、学校や保護者が「知識や経験が豊富で信頼できる人に任せたい」と思うのは当然のことといえます。

スクールカウンセラーをめざすのであれば、この仕事に役立つ医学や心理学の資格を取得しておくことが近道になるでしょう。