スクールカウンセラーになるには

臨床心理士の資格取得が近道に

スクールカウンセラーという職業に就くためには、「精神科医」「大学教員」の職に就くか「臨床心理士」の資格を取得していることが必要です。

このような仕事に就いていないと働くことが絶対にできないというわけではないのですが、実際の採用現場では、精神科医や臨床心理士などの有資格者が優遇されています。

とくに「臨床心理士」の資格を取得している人が圧倒的に多い業界なので、この資格を取得することがスクールカウンセラーへの一番の近道といえるでしょう。

また、スクールカウンセラーだけで生活することは難しいので、資格を取得してほかの心理カウンセリングの仕事と掛け持ちするのが一般的です。

臨床心理士の資格を習得するためには

それでは、臨床心理士になるためにはどうすれば良いのでしょうか。

臨床心理士の資格は、臨床心理士養成に関して学ぶことができる指定大学院・専門職大学院で勉強して受験資格を取得したのちに、日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必要とされています。

日本臨床心理士資格認定協会のHPを見ると、指定大学院・専門職大学院とされている学校のリストがあるので、臨床心理士をめざす人はチェックしてみましょう。

少なくとも大学院で2年学び、さらに試験に合格する必要がありますので、簡単に習得できる資格ではありません。

臨床心理士の仕事

都道府県の教育委員会が求人

それでは、資格取得後に実際にスクールカウンセラーの求人をさがす場合は、どのような方法をとればよいのでしょうか。

ハローワークと呼ばれる公共職業安定所に求人情報が出ている場合もありますが、より確実なのは、各都道府県の教育委員会のHPをこまめにチェックすることでしょう。

スクールカウンセラーの勤務先は学校なので、教育委員会の管轄となるのです。

求人の情報が出てくるのは大体は秋から冬にかけての時期で、このタイミングで次年度の求人募集が掲載されることとなります。

ただし、求人は「非常勤職員」の募集が多いので、時給や仕事量をチェックして、生活が成り立つような収入になるのかどうかをよく検討してから応募することが大切です。

地域や年度によっては求人の募集がないこともあるので、こまめに情報収集をしてチャンスを逃がさずに積極的に行動する必要があります。