産業カウンセラーのやりがい、魅力

新しい社会を作るため

産業カウンセラーの使命は、働く人たちが元気に生き生きと過ごすことができる社会を作り上げることです。

日本の企業には昔から長時間労働やサービス残業を肯定するような雰囲気があり、組織の中の力関係を利用したパワハラやセクハラの被害も当たり前のように存在してきました。

しかし、現代の社会はこのような問題に対する考え方が大きく変わり始めています。

働き盛りのサラリーマンであっても家族と過ごす時間や趣味に没頭できる時間を持つことは心身の健康を保つ上でとても大切なことですし、組織の中で男女や年齢の違いによって差別されることは許されることではないというのが、新しい常識となりつつあるのです。

こうした考え方が世間により広く浸透していくように陰で力を尽くしているのが産業カウンセラーです。

社会がより良い方向に変わろうとしているのを自分が支えているのだという実感が持てるので、やりがいは大きいでしょう。

ピンチの時の強い味方に

産業カウンセラーのもとに相談に来る人のなかには、仕事に追い詰められて逃げ場を失ってしまっているような人も多くいます。

上司からのパワハラのストレスや営業成績を上げないといけないというプレッシャーから心を病んでしまう人もいますし、働きすぎで体を壊してしまっている人もいます。

こうした人たちには、第三者からの冷静で的確なカウンセリングやアドバイスが必要不可欠です。

一時的な休職や職場の配置転換が実現できるように相談者をサポートしたり、組織内の問題点を解決できるような解決策を提案したりことで、多くの人が救われることがあります。

元気になった相談者に「あなたがいなければ、自殺していたかもしれません」とか「相談していなければ、あのまま退職していたと思います」と声をかけられることもあり、産業カウンセラーにとっては大きな達成感を得られる瞬間となっています。