セールスドライバーの仕事、業務内容

物流業界で活躍する

セールスドライバーは、宅配便などの荷物の配達、集配、料金回収、営業などを行う仕事です。

物流業界で活躍し、2トントラックや4トントラックなどを運転して、荷物を会社や個人宅へ届けることがおもな役目となります。

セールスドライバーは配達以外にも、荷物をお客さまから預かる集荷業務、荷物を集荷している企業から代金を集める料金回収業務、また他社で取り扱っている荷物を自社で扱ってもらうように提案する営業など、時によってさまざまな仕事を担当します。

お客さまと直に接する仕事

セールスドライバーの代表的な活躍の場は、運送会社です。

物流ビジネスには欠かせない存在であり、各運送会社には、多くのセールスドライバーが在籍しています。

セールスドライバーの仕事の特徴は、「荷主」と「受け取り手」の双方と顔を合わせる仕事だということです。セールスドライバー自身が信頼されることで、自社の信頼にもつながっていきます。

セールスドライバーは、よく配達だけをしていると思われがちですが、そこには人と人の密な関わりがあり、まさに人間力が勝負される仕事だといえるでしょう。

お客さまと直に接する機会が多いため、現場でお客さまの要望を拾い上げて自社に持ち帰ることも重要な役目のひとつです。

セールスドライバーは基本的に、所属先の営業所などで、限られたエリアの配達業務等に携わることになります。

いわゆる地域密着型のサービスを提供するというのも、特徴のひとつであるといえるでしょう。

セールスドライバーに求められるもの

セールスドライバーは運転をする仕事ですから、運転技術は当然、必要になってきます。

しかし、技術は入社後に研修を受けたり、社内免許の取得を目指したりすることで上達させることができるため、応募資格さえ満たしていればさほど不安を抱くことはありません。

あとは、きちんと業務を遂行できるであろう誠実な人柄や、勤勉さ、そして体力があることが望ましいとされています。