セールスドライバーの給料・年収

平均年収

セールスドライバーの平均年収は、300万円~400万円程度とされています。

体力を要する仕事であり、若い人が比較的多く活躍していることから平均年収はやや低めとなっているようですが、それでも運転や配送に関わる仕事のなかでは高収入が得やすい仕事であるようです。

しかし、もちろん勤務先となる企業や雇用形態、経験、実績などによって給料にはだいぶ違いがあります。また、同じ企業であっても、勤務する地域によって基本給が異なることが多いようです。

その場合、大都市圏のほうが業務量も多くなりがちであることから、基本給は高めとなっています。

また、正社員のほかに契約社員やパートとして働いている人もおり、正社員で役職がついていけば、年収500万円以上を稼ぐことも可能です。

歩合給を導入している職場も

セールスドライバーの給与体系は企業によって異なりますが、「基本給+インセンティブ(歩合給)」となっているいることも多いようです。

その場合、より多くの荷物を運べば運ぶだけ、また営業成績を上げれば上げるほどインセンティブがもらえる仕組みとなっており、がんばりがいがあるといえるでしょう。

職場によっては給与設定がだいぶ高めになっているようですが、その分人手が不足しているなど、かなりのハードワークを強いられるようなこともあるようです。

身体を壊してしまっては元も子もありませんから、給料以外の部分についてもよく見ておくことが重要です。

大手は手厚い待遇

大手の運送会社では、社会保険完備のほか、交通費支給、地域手当、残業手当などの諸手当の支給、また保養所やスポーツクラブの利用、財形貯蓄制度、社員持ち株制度、グループ保険制度、慶弔見舞金制度、退職金制度など、さまざまな待遇が整っています。

セールスドライバーは激務といわれがちな仕事であるため、できるだけ安心感をもって働くためにも、就職先を探す際には給料以外に、こうした待遇や福利厚生の内容についてもよく確認しておいたほうがよいかもしれません。