作詞家の将来性と今後の展望

作詞家の今後や展望については、作詞家を目指す方であれば気になる内容でしょう。ここでは現在言われている作詞家の将来について説明していきます。

音楽業界の変化

作詞家の将来の展望ですが、まず音楽業界が下火であるといったことを理解しなくてはなりません。インターネットでのダウンロード配信が中心となってしまった現在、CDが売れないと言われているためレコード会社自体のCD収益が大幅に減っています。

当然、印税が収入である作詞家にとってみても辛い話です。

しかし、その一方アイドルや声優、初音ミクを中心とした電子ボーカルでの楽曲のセールスは増えており、カリスマプロデューサー達によるプロモーション戦術により日々新しいジャンルが開拓されています。

しかもこの類の歌手には歌は必須なので、作詞家の需要はまだまだ衰えることはありません。

ロングセラーを出し続けている歌手は、シンガーソングライターと呼ばれるタイプの方たちで、自分で作詞・作曲ができるので作詞家の出る幕がありません。しかし、携帯配信のみの楽曲やインターネットでの単発ヒットを狙ったような仕事が増えてくる可能性は大きく、展望はまた違った角度で現れるでしょう。

実力と才能が今以上に求められる

元々、プロとしての作詞家に求められる条件は豊富な知識とその才能ですが、素人であっても多くの方が簡単に作詞や曲を発表できる今の世の中、さらに上のレベルでの仕事ができるプロとしての作詞家の需要が高まっています。

高度なボキャブラリーや音楽知識が今以上に求められています。常に努力と向上心を持ち続けなければ生き残っていくことは難しいかもしれません。与えられた仕事の一つ、二つ上を目指しながら頑張っていくことが重要なのです。