作詞家の求人・募集の状況

作詞家の登竜門は「コンペ」

タレントや文筆業などで知名度の高い人や音楽業界に人脈がある人を除き、多くの場合、作詞家デビューは「コンペ」と呼ばれるオーディションを勝ち抜いて初めて成し遂げられます。

コンペにかけられる曲については、まず、アーティスト、その所属事務所、レコード会社などにより新曲の企画やコンセプトが決定し、それに則って作曲が行われます。

その後、作詞を依頼するにあたっては懇意にしている作詞家やイメージに合った著名な作詞家が選ばれることが多いですが、広く新しい才能を求めてコンペが行われることも日常茶飯事です。

コンペの開催が決定すると、音楽出版社・作家事務所・音楽事務所などに募集情報が流されます。このような事務所から、登録している新人作詞家・作詞家志望者に募集がかけられるというしくみです。

音楽出版社の求人

音楽系の雑誌などにコンペの情報が掲載されることがあります。

出版社を通してコンペに応募し、勝ち抜いて作詞家デビューが決まった場合、その曲については著作権契約に出版社がからみ、数%配分されることも。

ほとんどの場合その後の活動は、フリーランスや作家事務所・音楽事務所などに所属して行う形になります。

音楽系事務所の求人

作家事務所・音楽事務所などでは、常に人材発掘を行っています。才能豊かな人材が現れればコンペに勝つ可能性も高まるためです。

事務所を通して作詞家デビューとなった場合は、その後の仕事も事務所を通して請けるケースが多いようです。

主な応募資格/求める人材

・これまでに作詞を担当した音源をプロフィールとして提出できる人
・締切日を責任を持って守れる人
・課題に合ったサンプル歌詞を提出できる人
・仮歌を録音して提出できる人優遇
・年齢、性別、国籍、学歴、経験は一切問いません

主な応募の流れ

・1次審査:Eメールや郵送にて、これまでに作詞を担当した音源を提出
・2次審査:面接

これらに合格した人が事務所に登録でき、コンペ情報の取得や事務所のバックアップを受けることができます。