作詞家の事務所、プロダクション

作詞家が事務所に所属するメリット

作詞家のほとんどは会社員ではなく、音楽系事務所などに所属したりフリーランスの個人事業主という立場です。

事務所に所属する場合とフリーランスの場合、どちらが仕事上有利なのでしょうか。

指名で仕事が入るような著名な作詞家の場合を除けば、作曲が先にでき、そこに歌詞をつけていく「曲先」といわれる方法がほとんどです。

新人作詞家の登竜門といえば「作詞コンペ」。アーティストの次の新曲を曲先で受け、そこに歌詞をつける形の作詞家のオーディションのようなものです。

このコンペの情報は主に音楽出版社や音楽系の事務所に流されるため、事務所に所属している人の方がチャンスを得る確率は高いといえます。

事務所の性質による違い

プロダクション

主にアーティストやプレーヤーが所属しているマネージメント会社で、専業の作詞家を直接所属させるということはほとんどありません。

しかし、お抱えアーティストの指名の場合や、太いパイプのある作曲家・編曲家のブレーンの場合、もしくはコメンテーターなどでメディアに露出している作詞家の場合はプロダクションへ所属している人もいます。

音楽出版社

レコード会社や楽曲制作会社、音楽出版社で所属の作詞家を抱えるケースはごく一部です。

それよりも、1曲単位で個人事務所や作家事務所に所属している作詞家に指名で仕事を依頼するケースが主流になります。

作家事務所

いわゆるエージェントで、作詞家に限らず作曲家、編曲家などの音楽クリエイターが多数所属しています。

その規模や営業力は事務所によって大きな差があり、名ばかりの幽霊クリエイターが大勢いるところも。

事務所内の所属クリエイター同士でデモテープをつくり、アーティストやレコード会社に売り込むということを積極的に行う事務所なら、実力に応じて仕事が入ってくる機会も増えていくことでしょう。

その他事務所

作詞だけで生活が成り立っている作詞家はごく少数であるといえる昨今、放送作家やコピーライターなどの職業を兼ねる人も多く存在します。

そういった兼業作詞家の場合は、それぞれメインになる仕事の会社や事務所に所属し、イレギュラーで作詞の依頼を受ける形が多いようです。