作詞家の1日

ある作詞家の1日

作詞家の場合、常に新しい情報を求めてアンテナを張っているため、起きている間は常に仕事をしているようなものです。

逆に、デスクに向かって執筆活動をしているようでも、ネットサーフィンをしながら調べものや情報収集をしたりと、仕事に没頭しているといった感じではありません。

仕事の時間と仕事以外の時間があいまいなところが、作詞家の1日の特長だといえそうです。

08:00 起床

会社員と違い、決まった時間に出勤する必要がない作詞家ですが、生活リズムを考えてなるべく毎朝同じ時間に起床するように心がけています。

09:00 ウォーキングで移動

日中、どうしても座っている時間が長くなってしまうため、自己管理が大切です。1時間弱かけ、歩いて打ち合わせに向かいます。

10:00 打ち合わせ

所属している音楽事務所での打ち合わせに参加。基本的に仕事は自宅で行い、打ち合わせなどがある日だけ事務所に出向きます。

この日は事務所のプロデューサー、マネージャー、レコード会社のディレクターを交え、新人アーティストグループのデビュー曲について意見を交換しました。

13:00 ランチ、休憩

打ち合わせに参加したメンバーと交流、情報交換を兼ねた食事会です。

15:00 デスクワーク

デスクに向かってみっちり仕事をするのは1日3〜4時間程度。

その中でも、これから歌詞をつける曲を繰り返し聞いてメロディーを覚えたり文字数をカウントする作業をしたり、インターネットで情報収集したりと、仕事内容は執筆に限りません。

19:00 映画鑑賞

映画や舞台を鑑賞したり、美術館を訪れたりというのも、情報を蓄え感性を磨くための大切な時間です。

21:30 ディナー

友人と一緒に食事とお酒を楽しみます。常にアンテナを張っているので、プライベートな時間の中でも友人から新しい情報を仕入れることが多々あります。

25:00 就寝

お酒はほどほどに、明日の仕事に差し支えないよう睡眠はしっかり取ります。