作曲家の現状と将来性

作曲家の需要は減っていない

作曲家を目指している人にとって、この仕事の現状や展望は気になるところでしょう。今現在、CDの売上が減少していて音楽業界は苦境に立たされているという見方もあります。

当然、曲が売れなければ作曲の需要も減っていき、作曲家に入る印税も減少するように思われます。

しかし、レコード会社や芸能事務所などはCDだけではなく、新しい媒体でのビジネスを日々模索しているので、作曲家の需要が減っているというわけではないのです。

アイドルやアニメ、アプリゲームの増加

近年、テレビでアイドルグループを見ない日はないくらいに、日本でのアイドル人気は加熱しています。彼女たちを売り出すために作曲家への楽曲依頼は途切れません。

さらに、楽曲の良さも重視される傾向にあるので、高いレベルでの発注が来ることが多く、やりがいを感じることもできます。

また、アニメの主人公に扮した声優たちのCDやコンサートでの収益も高く、こちらも作曲家がまだまだ足りていない状況です。

スマートフォンのアプリなどでのゲーム音楽の作曲も需要が増えてきています。BGM(バック・グランド・ミュージック)の作曲、SE(効果音)の作曲、テーマ音楽の作曲など、そのニーズは多岐に渡ります。

劇伴や映画での需要

CMや舞台にドラマ、映画などの媒体でも有能な作曲家は求められています。

CMなどでは、その曲のイメージだけで企業の業績を左右するとも言われているため、作曲家への期待も要求も非常に高いものとなっています。

テレビドラマや映画などでも、BGMや主題曲が良いと、そのドラマ自体も良く感じられるので、優秀な作曲家は引っ張りだこです。

また、アーティストの楽曲もドラマの主題曲に使われることでヒットにつながることもあります(タイアップ)。その為の作曲家のニーズもとても高いのです。

クオリティの高さが求められる

以上のことから、各方面で作曲家はクオリティの高い楽曲を求められていることがわかります。そのため、今後も作曲家には高い知識と想像力、そして感性が求められていくでしょう。

なんとなく…で作曲家を続けていくことは不可能です。絶え間ない努力、勉強を続けることが重要です。