作曲家に向いている人、適性

作曲を楽しめる

作曲家に向いている人は、音楽が本当に好きな人です。好きでなければ続かない仕事です。

作曲家の多くは、日々膨大な量の曲を作っています。時には、1日に3~5曲ペースで作曲するということもありますし、1曲で何十分という長い曲を書かなければならないこともあります。

音楽に日々追われるような状況になることもあるので、それでも平気という人でなければ、作曲家の激務をこなすことは不可能でしょう。むしろ、そんな日々を楽しめる位の気持ちが必要です。

好奇心が旺盛

作曲家は、好奇心が旺盛でチャレンジ精神が高い人が向いています。

自分にとって興味がない音楽ジャンルでも、仕事として入ってくればこなさなければなりません。常に、好奇心を持って様々なジャンルの曲を吸収し、学び続けなければなりません。

チャレンジ精神は、実験精神ともいえます。マンネリやスランプに陥らないように、作曲する度に、新しいチャレンジを組み込むことが大事です。

コミュニケーション能力

作曲家は机やパソコンにへばりついて黙々と作曲をしているイメージが強いかもしれませんが、実は打ち合わせにいったり、メールでやり取りをしたり、スタジオでの立ち会いをしたりと人と接する機会も非常に多い職業です。

作曲家としての能力だけではなく、人としての最低限の礼儀や社会的マナー、社交性なども必要とされる仕事です。

アイドルやミュージシャンの曲が世に出るまでには、実に多くの人が携わります。

作曲家・作詞家・編曲家・ディレクター・プロデューサー・スタジオミュージシャン・レコーディングエンジニア……などなど、この中で一人でも礼儀やマナーが悪い人がいれば、良い作品は作れないでしょう。

関係するスタッフや作家たちは、コミュニケーション力を駆使して、楽しくもクリエイティブな雰囲気を作り上げる努力をします。

作曲家は、曲づくりでとくに重要な部分である「作曲」を任されるわけですから、自分勝手な解釈や独断で進めていくようなことは許されません。

しっかりと曲イメージを合わせるようにクライアントや周りの方と、打ち合わせができないといけないのです。

作曲家を目指している方で、「人の話が聞けない」、「礼儀が身についていない」というようなことを他人から指摘されたことがある人は、今一度自分を見なおしてみましょう。

楽器がひける

楽器が弾けなくても作曲家になることはできます。譜面を書くことができれば、楽譜で曲を完成させればよいですし、パソコンの音楽ソフト上で曲を完成させることも可能です。

しかし、楽器が弾けると、作曲のイマジネーションが沸きやすくなります。楽譜を書く際も、パソコンに打ち込むときにもギターやキーボードが大変に役立ちます。

作曲家を目指すなら、最低、ギターかキーボード(ピアノ)が弾けるようになるべきです。

作曲家に求められるものは多いですが、作曲家になるためには本当に音楽を愛し続けていける情熱がもっとも必要です。