作曲家のつらいこと、大変なこと

競作コンペでの浮き沈み

ヒット曲業界の場合、「コンペ」と呼ばれるプロフェッショナル参加の作品審査会で楽曲を選びます。人気のあるアイドルなど、シングル曲を決めるコンペには、何百曲もの作品(デモテープ)が集まります。

そこから、たった1曲が選ばれるのですから、並大抵のメロディーでは選ばれるはずもありません。しかも、作品をコンペに出すだけでは無収入です。選ばれて、発売されて初めて仕事になるのです。

常に、コンペに勝ち残れるような実力を身につける努力。その努力を続けられない人にとっては、作曲家は大変に厳しく難しい仕事といえます。

クライアントやプロデューサーとのすれ違い

ヒット曲業界に限らず、プロの作曲家は、クライアント(発注主)やプロデューサーといった人からのオーダー(指示)に従って、作品を仕上げます。

オーダーは、感覚的な言葉を使った曖昧な表現のことが多いので、その解釈を間違えると、なかなかOKを貰えません。

泣けるメロディー! 心にグッとくるエッジの立った作品! そんな曖昧なヒントからメロディーを作るのは、実に大変な仕事です。

常に時代を感じながら一生勉強

どんなに感動的なメロディーでも、何百回も聞き続けると飽きが来るものです。先回はこのタイプでOKだったから、この次も同じ手法で作ろう! などというお手軽な発想では、作家として長続きはしません。

常に最先端の音楽や楽器や技術を研究し続け、逆に、誰も手掛けていないような昔のサウンドを掘り起こしたりする勉強熱心、研究熱心な人にしか作曲家はつとまりません。

こういった一生勉強の姿勢は、つらいものではありません。「学ぶ-成長する-よりよい曲が作れる」このサイクルが大切です。

「音楽を心から愛する気持ち」があれば、音楽の勉強は本当に楽しいと思えるはずです。