作曲家の求人・募集の状況

作曲家の求人

求人の情報を見ていても、作曲家そのものの募集は、ほとんどありません。

誰でもできる仕事ではないので、一般から幅広く募集してもあまり意味がないからです。作曲家の募集は、やはり狭い音楽業界の中で行われるのです。

作曲家を求めるのは、「レコード会社」「音楽制作会社」「音楽出版社」「音楽プロダクション」などです。

しかも、作曲家を直接募集するのではなく、多くは楽曲募集という形で行われます。

ネットで「楽曲募集」「作曲家募集」「デモテープ募集」などの検索語を調べてみましょう。才能ある人材や優れた楽曲を求めている会社を見つけることができます。

作曲家の名刺 デモテープ

作曲家として上記のような募集に応募するためには、自分の楽曲を収録したデモテープが必須です。

デモテープには、まるでCDそのもののような高音質で、自分の個性がちゃんと出ていて、しかもクオリティーの高い楽曲を何曲も収録します。

デザイナーやイラストレーターは、自分の作品を「ポートフォリオ」として1冊にまとめます。仕事の面接などで、相手に渡すために使います。もちろん、自己紹介や自分の才能のアピールを目的としています。

作曲家における「ポートフォリオ」がデモテープなのです。まさに、作曲家の名刺といえます。

ネットでデモテープをアピールしよう

頻繁にあるわけではありませんが、YOUTUBEやニコニコ動画などにアップした自分の楽曲がプロの目にとまることがあります。

プロは、その作品から作者の才能を感じ取るかもしれません。楽曲の面白さや完成度の高さで、プロのシンガーに歌わせたいと感じる場合もあります。

そんな切っ掛けでプロデビューする作曲家やアーティストも実際にいるのです。人生、どこにチャンスがあるか分りません。作曲家を目指すのであれば、あらゆる可能性を試してみましょう。