作曲家の1日

作曲家の1日は基本的に作曲をすることです。日によっては、打ち合わせに出かけたりすることもありますが、朝、昼、夜もなく作曲活動をしています。

そのため、1日のスケジュールは「打ち合わせ、作曲」の繰り返しか「作曲」となります。ここでは、作業手順として1日の流れを詳しく説明していきます。

アイドル向けとCMの楽曲を作曲をする1日

10:00 起床

パソコンでメールチェック

11:00 アイドルに提供する楽曲の制作開始

イメージや内容を確認しながら作曲していく

12:00

主体となるメロディーをピアノでパソコン内に打ち込んでいく

13:00

ギターやシンセサイザーを雰囲気をやんわり合わせながらつけていく

14:00

おおよその楽器音を入れた後、クライアントが聴きやすいように音のバランスを整える

14:30 完成

デモは1分30秒前後のことが多い このあとはアレンジャーという編曲者が構成していく

15:00

デモをメールでクライアントに送付する

15:30 休憩

メールチェックや昼食など

17:00 依頼されたCMの楽曲を作成

企業から提案されたイメージを確認する

18:00 作曲開始

何個かパターンを考えながら制作していく

19:30 終了

人にもよるが、何パターンか作ってクライアントへ送る

20:00~

他に頼まれている曲を作曲していく。

作曲家は納期を守り、クオリティを保つことができれば仕事の仕方は自由です。

今回紹介した流れも、あくまでも一例であり、人により開始時間やスピード、曲の作り方も異なります。さらに、ジャンルによってはピアノを弾き、それを楽譜に書いていく方法の方もいるので作曲の仕方もさまざまです。

ただし、不規則になりやすいので、体調管理が大切です。仕事ができなくなってしまっては、ほかの人にも迷惑をかけてしまうので自分に合ったやり方を見つけるのも仕事のうちです。