左官の仕事内容、役割

塗り壁がやはり認知度高し 左官の仕事でもっとも代表的な仕事は「塗り壁」です。 この「塗り壁」は技能を必要とします。この技能は、センスと洞察力によって左右されるものの、一にも二にも経験がすべてといえます。 そして、どんな材 … 続きを読む

左官のやりがい

すべての建築物の仕上げるのが左官 一つの建築物を完成させるには鳶や配管、大工など多くの職人が関わります。 すべての職人が魂を込めて作り上げた建築物の最終工程である内装を担当するのが左官の主な仕事です。 いわば他の職人から … 続きを読む

左官のつらいこと、大変なこと、苦労

工期が詰まってくると途端にハードに 左官の仕事は基本的には仕上げ工事になります。 内部の仕事である塗り壁にしてもタイル貼りにしても、外仕事であるレンガ・ブロック積みやコンクリート床仕上げにしても、最終的に目に見える箇所に … 続きを読む

左官の現状と将来性

少し前までは力仕事のガテン系のイメージ 左官の仕事というと、塗り壁やタイル貼り、レンガ・ブロック積みやコンクリートの床仕上げが主だったものですが、いずれも力が必要な仕事です。 また、このような緻密さを求められる仕事がある … 続きを読む

左官の一日

一日の流れ 6:00 資材置き場にて点呼又は準備 左官の朝は非常に早いのが特徴です。朝の弱い人は慣れるまで苦労するでしょう。出勤した後は資材置き場等に集合し点呼をとり、連絡事項を把握します。 そして資材(左官道具や材料等 … 続きを読む

左官の技術・勉強すること

左官の基本は材料を練ることから 新人の左官がまず始めに任される作業は『材料を練る』ことです。 配合の加減や力の入れ具合、かける時間などコツを掴むまで意外と時間がかかるものです。 使う道具も練り鍬をはじめ、ミキサーなど材料 … 続きを読む

左官の道具

鏝(こて)にも種類がある 左官のメインの仕事である塗り壁に欠かせない道具が鏝(こて)です。 左官職人は練った材料を鏝板に受けてそこから鏝にとり、壁に塗りつけていきます。 一言で鏝といってもその大きさや形状、材質は多様であ … 続きを読む

左官の独立・開業

一人親方のメリット・デメリットとは 左官を含む職人と呼ばれる職業は一人前として認められるまでに長い時間がかかります。 見習いの間は雑務を滞りなくこなしながら自身の技術の習得のための努力をする必要もあるため、心身共にとても … 続きを読む

左官の開業の手続き

まずは建設業許可を申請しよう 左官職人として独立するためには国土交通大臣または都道府県知事による建設業許可を取得する必要があります。 ただし、軽微な建設工事だけを扱う場合は許可を受ける必要がない場合もあるため、要件を調べ … 続きを読む