裁判官に向いている人、適性

高度な判断力のある人

裁判官は、高度な法律知識をベースに、原告、被告人の言い分や多くの証拠について考え、分析し、最も良いとされる解決法を見出すことが求められます。

複雑な事件も多く、また裁判官の行う判決は、人の人生を大きく左右する絶対的なものでもあります。

そのため、裁判官の業務は非常に大きな責任と重圧を感じるものでもあり、高度な判断力が必要とされます。

生涯にわたって学びつづける向上心のある人

技術革新や社会システムの変化など、その時代に応じて多くの法律が改正、制定されています。

事件を審理する上では、法律だけでなく、人々をとりまく環境や価値観の変化など、多くの観点から物事を分析する必要があります。

また、裁判官の仕事は、民事、刑事、知的財産など幅広く、多岐にわたり、裁判官になってからも必要な知識を独学で勉強して、先輩裁判官と議論を交わし経験を積みながら学ぶことも多くあります。

そのため、生涯にわたって学びつづける熱意と意欲を持ち続けられる人が求められます。

人への寛容さ、謙虚さをもつ人

裁判官は、難関試験を突破し、人格的にも認められた人がなることができ、その業務内容からも非常に特殊な地位にあり、一般的にエリートと呼ばれる存在であるといえます。

裁判官の仕事のひとつである審判では、たとえば、恵まれない環境から犯罪を起こしてしまった被告人やさまざまなバックグラウンドや価値観をもつ被告人を裁くことも多く、被告人の心情がまったく理解できないということもあるでしょう。

一方で、犯罪をおかしてしまった被告人であっても、誰もが平等に裁判を受けられる権利をもっており、その裁判は公平中立であることが重要です。

そして、裁判官の導き出す判決によって、当事者の人生は大きく左右され、その内容によっては、社会的に大きな制裁を受ける人も多いでしょう。

そのため、裁判官は、自分の行う業務の影響の大きさを真摯に受け止め、ときには価値観がまったく異なる人についても冷静に受けとめて分析する必要があります。

そして、決して自分の地位に驕ることなく、人間としての謙虚さを持ち続ける姿勢が求められるでしょう。

コミュニケーション力のある人

裁判官の仕事は、決して机に向かって判決文を書くだけではありません。

判決を下すまでの過程において、事件の当事者と話し合いをもったり、ときには和解をすすめたり、説得をしたり、反省を促したり、倒産事件の管財人や調停委員などの多くの民間人とも関わりをもつ仕事です。

また、平成21年5月21日から裁判員制度が始まり、国民から選ばれた裁判員と議論を交わしながら事件を解決していくことが必要です。

そのため、物事をわかりやすく説明し、説得力をもって自分の意見を伝えるといったコミュニケーション力が非常に重要でしょう。