裁判官の勤務時間、休日

裁判官の勤務時間

裁判官には、一般の会社員や他の公務員のように、所定の労働時間が定められているわけではありません。極端に言えば、自分の担当の裁判が開廷されるまでに法廷にいれば、それ以外は基本的に自由に執務に当たることができるのです。

ですが、日本の裁判官の数は少なく、特に都市部において一人あたりの仕事量は膨大なものになっています。数多くの資料を読み込み、過去の事例なども調べなければいけないため、長時間の勤務が日常化しています。

また、法廷に遅刻することは厳に許されず、遅刻することがニュースで報道されたり、懲戒処分の対象となったりします。

裁判官の夜勤

裁判官の重要な役割の1つに、令状発布の手続きがあります。

これは、警察などの捜査員は、裁判官の発布する令状がなければ、逮捕や捜索差押えなどの強制捜査をすることができないと法律で定められているためです。

捜査は昼夜を問わず行われていますし、深夜に令状申請をしてくる場合もありますので、そのために裁判官が裁判所や自宅に待機して、いざというときに備える必要があるのです。

これは「令状当番」と呼ばれるもので、民事・刑事担当問わずすべての裁判官が、月に1〜2回程度の頻度で、交代で勤務しています。

一般的には開廷日の前は避けるように配慮されていますが、令状当番の翌日も通常勤務ですので、体力的にやや厳しいようです。

裁判官の休日・休暇

裁判官は開廷日には必ず立ち会わなければなりません。法廷が開廷しているのは月曜〜金曜の平日ですので、土日は基本的に休むことができるようです。

しかし、自分の担当事案を進めていくために、法廷のない日にも準備や判決書きに追われ、土日のどちらかを自宅や裁判所で判決書きに充てる裁判官も多いようです。

年末年始やゴールデンウィーク、夏期休暇については、他の裁判官と交代で取得しているようですが、特に都市部の裁判所では常に仕事が立て込んでいることも多く、まとまった休暇が取れることは少ないようです。