裁判官の1日

民事事件担当の裁判官の1日

配属先の裁判所により業務量の多寡はありますが、合議の法廷が週1回、単独法廷のスケジュールが週に2回、合計週3日のペースで開廷するのが一般的のようです。

合議の場合は3人の裁判官が担当し、午前1件、午後1件の1日2件ほど審理します。

単独法廷の場合は、1日数件の第1回期日(新規に係属する案件)をこなし、継続審理中の案件の証拠調べ等も午前1件、午後1件のペースで行うというハードスケジュールです。

法廷のないその他の曜日についても、弁論準備手続を進めつつ、担当案件の準備や書面作成などに追われるのが通常のようです。

ちなみに、弁論準備手続とは、法廷以外のラウンドテーブルと呼ばれる部屋で、これからの訴訟の進め方や事件の争点を確認したりする手続のことです。

多忙な裁判所に配属されると、朝10時から30分刻みで、1日10件以上もこなすことも珍しくありません。

帰宅時間は裁判官によってさまざまですが、帰宅してからも仕事を持ち帰って判決を書く人がほとんどのようです。

刑事事件担当の裁判官の1日

刑事事件の場合も裁判所により業務量は異なりますが、合議が週に2件、単独が1件のペースで、残りの2日間に判決書を書いたり、訴訟の準備をしたり、司法修習生への指導を行ったりします。

刑事事件の場合は、民事に比べて取り扱う案件は半数程度ですが、被告人が自白している事件であっても開廷に1時間以上かかることが多く、審理時間が長いのが特徴です。

一定の事件については裁判員とともに審理に当たりますので、こういったケースでは分かりやすい訴訟進行を特に心がける必要があり、審理時間が長くなる傾向にあります。

刑事事件担当の裁判官も、持ち帰り残業があるようです。

ある刑事事件担当の裁判官の1日

9:00  裁判所へ出勤。決済ボックス内の書類に目を通す。
9:30  新件の起訴状を読み、検討。
10:00 覚せい剤使用事件の公判。
11:00 窃盗事件の公判。判決言い渡し。
11:30 覚せい剤使用事件の公判。
12:30 昼食
14:00 傷害事件の被害者証人尋問。
16:00 書記官と相談。
16:30 資料課で判決の資料の調べ物。
17:00 書類整理。翌日の公判の事件記録に目を通す。
19:00 退所。
20:00 自宅で事件記録を読みながら判決を書く。