作業療法士の役割

実践度の高いリハビリを提供する

作業療法士のおもな役割は、身体や精神に障害を抱える人が、日常生活をスムーズに送るためのリハビリを提供することです。

理学療法士が「歩く、立つ、座る」といった基本動作能力を回復、維持するためのリハビリを行うのに対し、作業療法士はただ身体を動かすためだけのリハビリではなく、生活をしていくために必要な動作を訓練していくイメージになります。

たとえば、生活に必要な家事動作、趣味の活動、調理動作など、日常的に多く行う動作をリハビリのメニューに取り入れながら、患者さんの生活スタイルに合わせて、日常生活をうまく送るための身体機能を向上させていくことを目指します。

また、患者さんが積極的に地域活動へ参加したり、社会生活に適応したりするための能力の向上も図ります。

リハビリの目的を伝える

作業療法では先に挙げた通り、日常でよく行うさまざまな活動や動作を訓練に取り入れることが特徴です。

このとき、訓練の要素を強くすれば身体的なリハビリの要素が強くなり、娯楽としての要素を強くすれば精神的なリハビリの要素が強くなります。

作業療法士は、患者さんの精神状態や身体状態を見ながらこのような調節をうまくしていくと同時に、患者さんに対して、今、どのようなリハビリを行っているのかを的確に伝えていくことが大切です。

このコミュニケーションがしっかりとできていると、患者さんは前向きにリハビリに取り組むことができ、リハビリの効果もより高まると考えられます。

生活の知恵を訓練として生かす

作業療法士の行う訓練は、生活の知恵がふんだんに含まれていることもあります。

たとえば、洗濯物を取り入れる際には、洋服を取りやすいようにハンガーの形を変えていくといったことも作業療法に応用することができます。

こうしたちょっとした一工夫で家事をするときの負担を減らし、患者さんが苦痛を感じずに生活できるような方法を提案するのも作業療法士の役目です。

また、患者さんの理想とする日常生活や人生プランを把握したうえで、「リハビリ」という観点から患者さんの抱える身体的・精神的な問題を解決するように努めます。

仕事体験談