作業療法士に向いている人、適性

人を助けたい気持ちが強い

作業療法士は、リハビリを通じて、心身に不自由さを抱える人のサポートをする仕事です。

つまり、作業療法士が日々接するのは「健康そのもの」という人ではなく、身体のどこかに障害があったり、何らかの理由で心身機能が悪くなっていたりする人ばかりです。

なかには、精神面に障害や不安を抱えている人もいます。

そうしたことから、作業療法士にまず求められるのは、相手の困りごと、悩みに寄り添う気持ちです。

そして、「自分がその人を助けるんだ」という熱意がとても大切です。

どれだけ素晴らしい技術を持っていても、こうした思いやりの心が持てない人は、作業療法士としてさまざまな患者さんから信頼される存在になるのは難しいといえるでしょう。

医療そのものだけではなく、多様な分野に興味が持てる

作業療法では、家事、趣味の活動、運動など、さまざまなことを訓練に取り入れていきます。

そのため、特定の分野に深く精通していることも重要ですが、それ以上に多くのことに関心を持つことが重要になってきます。

患者さんによって、趣味や好きなものは違ってきます。それに対して作業療法士が興味を持てるかどうかによって、リハビリの進み具合や成果も変わってくる可能性があります。

いろいろな話題についていくことができれば、患者さんとの会話もスムーズに進み、信頼関係が生まれます。

何より、患者さんの趣味などを生かしたリハビリプランを考えることができれば、訓練で発生しがちな苦痛を軽減しやすくなり、患者さんのモチベーションを上げていきやすくなります。

医療職というと、どうしても専門性の追求だけに視点が集まりがちですが、広い視野が持てるかどうかということも作業療法士として大切な能力になります。

柔軟な考え方ができる

作業療法士は、しばしば「理学療法士」や「言語聴覚士」と並んで紹介されます。

しかし、これら2つの職業に比べると、どうしてもイメージが持たれにくいことがあるようです。

こうした背景があるからか、作業療法士として働く人のなかには「これが作業療法だ」と強いこだわりを持っている人もいます。

もちろん、信念を持って働くことも大切ですが、若いうちからあまりに価値観を固めてしまうと、その後の自分の可能性を閉ざしてしまうことにもつながりません。

とくに近年、作業療法士が活躍する領域は医療のみならず、福祉にも広がっており、発達障害や精神障害を抱える人など、多様な人を助けることができる仕事として期待されています。

「作業療法士だからこうでなくてはならない」という考え方をするよりも、現場や時代のニーズに合わせて柔軟に対応できる人のほうが、結果的に自分のキャリアも磨きやすくなるでしょう。

仕事体験談