身体障害の作業療法

身体障害の作業療法とは

作業療法士は、病気や事故の後遺症などで身体に麻痺などの障害を負ったり、「高次脳機能障害」を負った患者さんに対して作業療法を行い、手や腕の機能の回復や、日常動作の改善がされるよう手助けをします。

しかし、失われた機能をもとの通り回復させるのは簡単なことではありません。

作業療法の目的は、患者さんの今後の生活をよりよいものにしていくことですので、残された機能を最大限活用できるよう訓練することも重要です。

身体障害の作業療法の内容

身体に麻痺などがある患者さんに対して、日常の動作に必要な筋肉の力や関節の動きが改善されるよう、さまざまな作業を行います。

たとえば、麻痺に関係する神経や筋肉などに働きかける動作を繰り返したり、道具を使ったりします。

また、陶芸や手芸などの手作業を通して手先の動きをスムーズにしたり、ゲームや体操などを通じて筋力やバランスをつけていきます。

残された機能を有効に使う方法も考えます。

たとえば、利き手に障害を受けた患者さんの場合、利き手を変えて字を書くことや食事をすることの練習をします。また、動作の練習だけでなく、患者さんに必要な装具を考え、作ることもあります。

また、「高次脳機能障害」の患者さんに対しても作業療法を行います。

高次脳機能障害とは脳に損傷を受けたことが原因で、動作に注意を向ける、記憶する、話す、時間を認識する、作業の段取りを付けるなどの能力が落ちたり、半分の空間が見えなくなる、身体の半分の感覚がなくなるといったさまざまな症状が出る障害です。

このような高次脳機能障害の患者さんができるだけ日常生活をスムーズに行えるよう特別な訓練を行います。

それぞれの患者さんの状態に応じて、食事やトイレ、入浴などに必要な動作を一つひとつ練習し、日常生活でできることを増やしていきます。

また、患者さんの精神的なサポートも大切なことの一つです。

仕事体験談