社会人から作業療法士になるには

社会人枠がある作業療法士養成校も多い

作業療法士は、国家試験に合格することではじめて得られる資格です。しかし、国家試験を受けるために、まずは試験の受験資格を得なくてはなりません。

社会人から作業療法士になるためには、社会人経験のない人と同様、受験資格を得るために養成学校に通うところからのスタートとなります。

養成学校は大学、短大、専門学校がありますが、なかには社会人枠が用意されている学校もあります。

社会人枠を設けている学校では、当然、社会人の人が通いやすい環境が整えられています。

たとえば、夜間コースで働きながら自分のペースで学べるカリキュラムがあったり、幅広い年代の生徒がいるため気兼ねなく学びやすいといった特徴があります。

最近は、作業療法士の職業としての注目度が高まっており、社会人入学をする人が増えているようです。

作業療法士は、就職先としても総合病院、精神病院、リハビリテーションセンター、デイケアセンター、介護老人保健施設など多様な選択肢があるため、いざ資格を取ったけれどまったく就職先が見つからないということはないはずです。

なお、社会人枠で入学する場合の試験方法やカリキュラムは学校によって異なるため、よく確認しておくことが必要です。

また、何を持って社会人としてみなすのかも学校によって変わってくることがあるため、事前に調べておいたほうがよいでしょう。

社会人経験はその後の仕事にも生かせる

社会人から作業療法士を目指す場合、社会経験がない学生とも学校で一緒に勉強をすることがあるでしょう。

しかし、あまり意識をすることなく、自分自身の目標に向かって集中していくことが必要です。

社会人を経験している分、もっと若い人に比べて出足が遅れてしまっている、時間が限られていると考えてしまいがちですが、今から勉強をスタートするという点ではまったく同じであり、差があるわけではありません。

どちらかといえば、社会人経験は将来的に作業療法士として働くなかで生きてくるといえるでしょう。

作業療法士は、年上の患者さんと接することもたくさんあるため、幅広い経験を積んで人間性を広げておくほうが、上手に仕事を進められるかもしれません。

変に焦ることなく、一つひとつの知識を確実に身につけていくことが、社会人を経験して作業療法士を目指す人には必要になってきます。

国家試験対策は万全に

作業療法士になるためには国家試験を合格することが必要になりますが、この試験は年に一度しか行われないため、一度不合格になってしまうと、少なくとも一年間は作業療法士として活躍することができません。

試験が不合格でも就職できる場合もありますが、社会人から目指す人はそれなりの覚悟を持って臨んでいるはずです。

できる限り一回で合格できるよう、万全の準備をしておきたいところです。

とくに、仕事を続けながら夜間の養成学校に通うといった場合には、勉強を継続する強い心と同時に、綿密な勉強のスケジュール計画を立てる必要も出てきます。

国家試験前は苦しさを感じるかもしれませんが、そこで頑張ることで道は開けてきます。

学校の先生ともよく相談しながら、自分が無理をし過ぎないペースで勉強をきちんと続けられる方法を考えることが大切です。

仕事体験談