作業療法士と類似した資格

理学療法士との違い

作業療法士と似ている資格、職業として最も代表的なものは「理学療法士」だといえるでしょう。

理学療法士は、作業療法士と同様にリハビリテーションの専門職ですが、基本的には物理的かつ運動的な治療方法により、身体的な症状や障害に対してアプローチしていくという特徴があります。

家事動作や趣味の活動などを取り入れながら、手先や肘、手首などの機能を改善し、日常生活の精度を上げるための訓練を行う作業療法士とは異なり、おもに腰から下など「体幹」のリハビリを行っていくのが理学療法士となっています。

しかし、両者は医学的な基礎知識やリハビリの技術など共通して身につけている部分もあるため、実際のリハビリ現場では、作業療法士と理学療法士がお互いの専門領域をカバーし合いながら働くこともあります。

理学療法士の仕事

特定分野に特化した資格が増加

作業療法士は、日常的な活動をリハビリや社会復帰のために利用する職業、資格ということになりますが、最近では同様の分野における特定の作業や活動に特化した資格も多く出てきています。

たとえば、「音楽療法士」「レクリエーションコーディネーター」「住環境福祉コーディネーター」などのように、レクリエーションに特化した資格、福祉道具に特化した資格、福祉環境などに特化した資格などが挙げられます。

音楽療法士の仕事

これらの資格が注目されていくと同時に、作業療法士の職域があいまいになっている面もあるようです。

考え方によっては、特定の分野に特化した資格のほうが専門的であるといえるかもしれません。

しかし、医学的な知識を身につけている作業療法士は、一歩高い視点から、先に挙げたような特化した資格を持つ人の行う仕事内容を理解することができます。

つまり、作業療法士は、こうした資格を取得している人のまとめ役として活躍できる立場にあるのです。

多くの分野の人と協力してリハビリを進めることによって、より効果的なリハビリを提供していくこともできるはずです。

作業療法士と、リハビリに関わる活動に特化した資格というのが共存することができるようになれば、多くの患者さんに対してメリットが出てくることでしょう。

作業療法士が「一番」ではない

作業療法と似ている資格はいくつかありますが、作業療法士として、決してそれらの資格と競う必要はありません。

ライバル意識から張り合いたくなることもあるかもしれませんが、協力すれば患者さんにとってよりよい結果となる可能性があるのに、無意味に対立してしまうと、どちらか一方の力しか発揮できなくなってしまいます。

これは非常にもったいないことであり、患者さんのためになりません。

作業療法士として最も大切なのは、患者さんのために何が一番大切かを考え、同じ職場で働く他の専門領域の人とも協力する姿勢を持つことだといえます。

仕事体験談