作業療法士の資格

リハビリテーションに関わる国家資格

作業療法士は、ここ最近で、徐々に知名度が上がってきているようです。

少し前の時代であると、「まったく何をしているのか想像できない」と話す人も少なからずいたようですが、現在では医療業界に少し明るい人であれば、名乗ればすぐに仕事内容を理解してもらえることも増えてきました。

作業療法士は、リハビリテーションに関わる国家資格です。そして、名称独占資格という種類の資格になります。

作業療法自体は国家資格がなくても行うことができますが、「作業療法士」という名称を用いて働くには、この国家資格が不可欠となります。

そのため、医療現場では看護師などが作業療法の一部を行うケースも考えられます。

しかしながら、やはり「作業療法の専門家」となると作業療法士の信頼性が最も高く、高齢化社会が進む今、福祉現場などへも活躍の場をどんどん広げています。

作業療法士の資格と理学療法士の資格

作業療法士と似た資格として「理学療法士」があります。

理学療法士も、作業療法士と同じく国家資格かつ名称独占資格です。また、同じリハビリテーションの現場で活躍することも多いことから、どちらを取得すべきか迷ってしまう人は多いようです。

しかし、細かく考えていくと、理学療法士と作業療法士はリハビリの目的や役割が異なっています。

簡単にいうと、理学療法士が物理的な治療方法を活用することで、歩く、起きる、座るといった基本動作の回復や悪化予防を目指すのに対し、作業療法士は食事、遊び、スポーツなどを通し、応用動作の能力を回復させ、心身の両面から患者さんをサポートしていきます。

現場では、両者が協力して働くこともありますし、お互いの領域に踏み込むこともあります。

理学療法士、作業療法士の両方の資格を持って、より幅広いリハビリの提供を目指そうとしている人もいます。

理学療法士の仕事

資格を取ってからが本当のスタート

作業療法士の勉強をして国家資格を取得できれば、いよいよ作業療法士としての人生がスタートします。

しかし、この仕事は資格を取ってそこで終わることはなく、むしろそこからが本当のはじまりです。

学校で学んだことをどう現場で生かしていくのか。これは、個々の価値観や目指す姿によっても変わってくるのが当たり前です。

周囲のスタッフとの連携、そして多くの患者さんとのふれあいを通じて、自分で進むべき道を見出していくことが大切です。

仕事体験談