作業療法士を目指す人へメッセージ (体験談)

自分がなりたい作業療法士の姿をイメージしよう

作業療法士になろうと思っている人は、すでに作業療法士になってからの自分をうまくイメージできている人も、そうでない人もいるでしょう。

イメージできている人はそのイメージを大切にして、それが実現するように目指してみてください。

イメージできない人は、自分が漠然とでもやりたいと感じること、できることを探してみてくだささい。たとえ、それが今ある作業療法士の姿とは少し違っても構いません。

作業療法士は、どのような領域でもその力を生かすことができる可能性を秘めた職業です。

医療やリハビリの現場で働くイメージが強いかもしれませんが、たとえば教育、福祉など、さまざまな現場で人の役に立つことはできます。

実際、作業療法士と他の資格を併せ持って仕事をしている人もいます。

現時点で目指す姿が固まっていなくても大丈夫ですから、これから勉強をしたり働いていったりするなかで、自分なりの作業療法士としての価値を見つけてみてください。

患者さんのために、必要な訓練を提供できるプロへ

作業療法士になろうとすると、どうしても理学療法士を意識する瞬間が訪れると思います。

同じリハビリの専門職として両者の役割の区別が必要なこともありますが、変に意識をしないほうがよいと思います。

現場では、作業療法士が理学療法士と同様の仕事をすることも往々にしてあります。

最も大切なのは、「目の前の患者さんにとって何が必要な訓練か」ということです。

作業療法士も理学療法士も役割が重なり合う部分はありますから、患者さんのために作業療法の時間に理学療法的なことをやる必要があれば、当然、それをきちんと実行するのがプロフェッショナルです。

理学療法士と同じようなことをする場面に出くわしたら、自分を成長させるための場として一生懸命行い、新しい作業療法を生み出す材料にしてしまうくらいの勢いが必要となります。

作業療法士として誇りを持つことは大事ですが、「理学療法にはまったく興味がない。やりたくない」という考えでいては、患者さんを助けることもできず、結局は自分のためにならない可能性が高くなるため、注意が必要です。

仕事体験談