作業療法士の仕事詳細-急性期のリハビリ

急性期のリハビリテーションについて

作業療法士の求人には「急性期」「回復期」「維持期」ということばがよく出てきますので、どのような仕事をするか概要をお伝えします。

これらは患者さんの回復する段階をあらわします。

急性期とは、病気の発症や事故、大きな手術などの数日後から1ヵ月ほどの期間のことです。

リハビリの開始は、早ければ早いほど良いことがわかっています。

作業療法士もチームの一員として、医師や看護師、理学療法士や言語聴覚士などと連携して急性期のリハビリにあたります。

作業療法士は、チームの中で、手や腕の動き、生活に関する動作などを担当します。

急性期のリハビリの目的

急性期リハビリの主な目的は、手足などを早期に動かして「廃用症候群」を防ぐことと、できるだけ早くベッドから離れる「早期離床」です。

廃用症候群とは、使わない機能が失われて元に戻らなくなることです。

したがって、作業療法士の仕事は、まず患者さんのベッドサイドからはじまります。

まだ安静を必要とされる方が多いので、医師や看護師、またご家族との情報共有はかかさず、全身状態のリスクを管理する必要性が常にあります。

作業療法士は、生活に必要な動作や作業ができるだけできるように、主に手や腕を動かす練習をおこないます。

急性期のリハビリの内容

たとえば、生活をする中で最も重要なことの1つに、食事をすることが挙げられます。それには多くのスタッフが関わります。

作業療法士は、「食事をする」ことのうち、患者さんの身体の状態から食事をするのにどんな動作や食器が必要か考え、訓練に加わります。

また、トイレも大変重要です。トイレの訓練は作業療法士がメインで行います。

ベッドから離れられるようになった患者さんに対し、病気の状況や身体の自由度に応じて、トイレの使い方や排尿の練習、介助が必要な場合は介助者への指導をします。

そのほか、患者さんが意欲をもってリハビリができるよう、困っていることやこれからできるようにしたいことをヒヤリングして、訓練に取り入れていきます。

軽度の患者さんの中には、急性期のリハビリのみで退院する場合があります。

そうした方には、自宅でどのような訓練を続けたらよいか具体的にお伝えします。

仕事体験談