作業療法士の勤務形態

病院によっては休日が不規則になる

作業療法士は、リハビリを通じて患者さんの心身の機能を回復させていくという責任ある仕事ですが、どのような職場で働くとしても、長時間残業や休日出勤が続くといったほどの激務に襲われることはあまりありません。

しかし、とくに病院ではシフト制で動くことも多いため、規則正しく休みがとれるとは限りません。

週によって休みの曜日が違ったり、まとまった出勤日が重なり、その後まとまった休みが続いたりすることもあり得ます。

一般的な土日休みの会社員のようにはいかないことも多々あることは、頭に置いておく必要があります。

勤務時間としては朝8時半くらいから18時くらいまでになることが多いです。

残業の状況は職場によって異なりますが、研修会や勉強会を活発に行なっている病院などでは、帰宅するのが遅くなる日が多くなる可能性もあります。

福祉施設は土日休みが多い

病院は休日出勤が多くなりがちですが、福祉施設では土日が休みになっていることも多く、定期的に休みをとれるケースが多いようです。

勤務時間は病院と大きく変わりませんが、施設内で予測できないトラブルが起これば、残業で対処する必要も出てきます。

なお、ひとくちに福祉施設といっても作業療法士の立場は施設によって異なり、なかには福祉職と同じような仕事まで任されることもあるようです。

作業療法士としてリハビリだけを行うのであれば基本的に日勤となりますが、福祉職と同じような立場の場合、夜勤も発生するケースがあります。

そうなってくると、休日や勤務時間も不規則なものになるかもしれません。

オンオフのメリハリが大事

専門職として病院などで働いていると、休みが平日になることが多いため、他の職業に就いている友人や恋人などとスケジュールを合わせることはどうしても難しくなりがちです。

また、同じ作業療法士であっても職場によって勤務スタイルは異なるため、同じ養成学校を出て別の職場に進んだ仲間とのつながりも、次第に希薄になりがちです。

そのような状況に置かれることもありますが、作業療法士は対人相手の仕事であり、公私問わずさまざまな人とコミュニケーションをとることは大切です。

また、プライベートでも充実した人間関係を築いておくことで、仕事のストレスを発散させやすくなります。

上手に時間を作り、メリハリをつけた働き方ができるようになるとよいでしょう。

仕事体験談