作業療法士の仕事詳細-回復期リハビリ

回復期のリハビリテーションとは

「回復期」のリハビリテーションの多くは、回復期の専門病院や専門のセクションで行われます。

回復期とは、急性期を経て最も回復が見込まれる時期のことです。

回復期のリハビリは発症してから1〜2ヶ月以内に始まり、最大6ヶ月間行われます。

作業療法士は、主に生活面を担当し、生活の中でできることを増やしていきます。

回復期のリハビリの目的

回復期のリハビリは、より多くの生活動作ができることを目的とし、入院中から退院後の生活をみすえてリハビリの計画をたてます。

その目標は、患者さんの年齢や病気の状態、また発症以前にどのような生活や仕事をしていたかによって異なります。

退院して自分の家で生活する、社会復帰するなど患者さんによってさまざまです。

大切なのは、患者さんの生活の質が少しでもあがることです。

回復期のリハビリの内容

心身の機能を維持・向上できるよう作業療法を行います。

たとえば、腕や手に麻痺のある方には、状態に応じて治療道具を使って動かす練習などをします。

また、入院生活で必要なことをサポートし、自分でできることを増やすようなリハビリを行います。

着替える際には袖に手を通す、首を通す、ボタンをとめるなどの動作が必要です。1つひとつの動作ができるように工夫し、一緒に練習していきます。

お風呂の入り方や、食事の動作なども1つ1つサポートしながら練習します。

患者さんに楽しみを見つけてもらい、やる気を出してもらえるよう、訓練にはその人に応じたものを考えることも大切です。

退院後の生活を見据え、パソコンや調理の練習をしてもらうこともあります。

また、ケアマネージャーや理学療法士と一緒に患者さんの自宅を訪問し、生活環境の改善を提案することもあります。

仕事体験談