作業療法士は結婚・育児をしながら続けられる?

結婚後も仕事をする人は多い

作業療法士は男性も女性もたくさん活躍しています。

また、職場では作業療法士だけでなく、他の医療職などのスタッフとも一緒に働く機会が多いことから、職場で恋愛関係に発展することは比較的多くあります。

そのまま結婚となると、一時的に仕事を辞めることを考える人もいるようです。

しかし、作業療法士は国家資格であるため、たとえ一度現場を離れたとしても、資格をそのまま生かして再び就職することは可能です。もちろん、結婚しても引き続き仕事を続ける人も大勢います。

仕事でキャリアアップしつつ、結婚もして、自分の生活を充実させていくことは十分検討することができるでしょう。

妊娠をしたとしても、出産休暇や育児休暇を取得した後に復帰してくる人も多いです。

それだけ、この仕事が「やりがい」と感じている人がたくさんいるということかもしれません。

結婚を機に職場を変えることを考える人も

なかには、結婚を機会に、別の職場で働くことを考える人もいます。

その理由としてよくあるのは、「独り身の作業療法士として働いていくには適した職場であったけれど、家族ができるとなると不都合がある」というものです。

作業療法士の勤務形態は、職場によって異なります。たとえば、休日の曜日が固定でなかったり、土日は必ず出勤になったりするところもあります。

そうしたことから、結婚相手と休日を合わせるために、休日が不定期な病院から、土日休みの介護施設に転職するといったケースがあるようです。

最初から結婚を前提にして職場を選ぶ人は少なく、ほとんどの人が自分にとってのやりがいや、目的を達成できる場所に就職していきます。

しかし、プライベートのライフスタイルが変われば、仕事のスタイルも変わってくるのは自然なことだといえるでしょう。

幸い、作業療法士の就職先としては多様な選択肢があるため、働き方を変えることを検討しなくてはならない場合も、スムーズにいくことは多いようです。

働きやすい環境を選ぼう

結婚をしても作業療法士として仕事を続けるためには、もちろん本人の頑張りや努力が欠かせません。

しかし、職場の待遇なども関わってくるため、そうした点にも留意して勤務先を探すのもよいでしょう。

とくに、同じ職場で長く働きたいけれど、将来的に結婚・出産もしたいということをすでに強く考えているのであれば、就職前にその辺りの休暇制度や福利厚生などについてよく調べておいたほうがよいでしょう。

なかには、子どもが小さなうちは定時きっかりで上がったり、勤務時間を短くして働くことができたりといった制度を整えている職場もあります。

そうであれば、結婚や育児をしても働きやすさを実感しやすいはずです。

そのほか、あまり数は多くありませんが、アルバイトやパートという働き方を選び、自分の無理がない範囲で仕事を続けることも可能です。

仕事体験談