作業療法士の仕事詳細-訪問リハビリ

訪問リハビリテーションとは

「訪問リハビリ」では、通院ができない患者さんのために自宅を訪問し、日常生活に必要なさまざまな動作のリハビリを行います。

作業療法士は、患者さんの日常生活の質を上げる、という目的をもっています。

入院中にできたことが自宅では難しくなる、逆に自宅だからこそできることが増える、といったことがあり、生活の質を上げるために病院とは違った療法が求められます。

作業療法士が生活の場に入ることで、より患者さんのニーズに適ったリハビリをすることができるのです。

訪問リハビリの対象。

子どもから高齢の方まで幅広い年代の方が対象となります。

発達の段階で障害をもっている子ども、脳卒中や事故で手足に麻痺を持っている人、認知症を患っている高齢者、精神に関する病気を患っている人など日常生活に支障がある人たちのもとを訪問します。

訪問リハビリの仕事の内容

日常生活で行う動作を練習し、できることを少しずつ増やしたり、これまでできたことを維持していきます。

たとえば、起き上がること、立って歩くこと、食事をすること、お風呂に入ることなどの動作が、できるだけスムーズに安全にできるよう配慮します。

どうしたら患者さんが安心して自宅で暮らせるか考え、必要な動作を一緒に練習します。

また、患者さんの多くは介助を必要とするので、介助者となる家族やヘルパーの人に普段の様子を聞き、介助しやすい方法をアドバイスをします。

動作のリハビリをする作業療法士としての視点から、家の中で過ごすために支障となる所はないか調べ、患者さんや介助者が動きやすいよう住宅環境の改善を提案することもあります。

患者さんの気晴らしや生きがいとなる活動をサポートをするのも大切な仕事です。

このように訪問リハビリをする作業療法士は患者さんの生活全般に関わっていくことになります。

仕事体験談