アルバイトの作業療法士として働く

アルバイトとしての作業療法も役割や重要性は同じ

一般的にアルバイトという立場であると、正社員と仕事内容が異なることはよくある話です。

しかし、作業療法士の場合、アルバイトといっても正社員と同様の仕事を任されることが普通です。

たいていの現場では、雑用をするのではなくしっかりと戦力として数えられますが、それだけの責任も抱えるということになります。

もちろん、作業療法士としての知識や技術も持ちあわせている必要があります。

患者さんからすれば、正社員であろうとアルバイトであろうと、作業療法士は頼りにしたい存在であり、作業療法士もその期待に応えなくてはなりません。

医療に携わる立場として、軽い気持ちで働くことはなかなか難しいといえるでしょう。

アルバイトの作業療法士が多く活躍する職場も

作業療法士は、さまざまな病院や施設で必要とされている職業であり、自分自身で興味のある現場を選ぶことができます。

しかし、作業療法士が活躍できる領域すべてが同じような広がり方をしていることはありません。

病院でのリハビリのように、多くの場所で展開されている領域もあれば、あまりメジャーではない領域もあります。

現段階であまりメジャーではない領域というのは、たとえば特別支援学校や療育施設などにおける発達分野の仕事です。

これらの施設では、作業療法士を正社員として雇うということがまだ少なく、アルバイト・パートなどの非常勤スタッフの採用が中心となっているようです。

専門色の強い作業療法士は正社員での採用が多いことは事実ですが、領域によっては非常勤で仕事をしている人も決して少なくありません。

アルバイトの時給、待遇

作業療法士のアルバイトは、雇用形態がアルバイトであるというだけであり、実際に仕事をしていくと正社員と変わらないと実感することも多いようです。

アルバイトだから楽にできそうと考えていると、つらいと感じてしまうことになるかもしれません。

しかし、責任ある仕事を任される分、他の職種のアルバイトに比べると、比較的高い時給がもらいやすいようです。

職場によって異なりますが、時給1,000円〜1,500円程度からスタートするところが多いようです。

また、アルバイトであっても社会保険がきちんと用意されていることもあります。

すべての職場がそうではありませんが、アルバイトであるとシフトを自由に出せるなど、正社員に比べてスケジュールの融通がつけやすいメリットもあります。

作業療法士は、働き方のひとつの選択肢としてアルバイトという道もあることを頭に入れておくとよいでしょう。

仕事体験談