漁師のやりがい

忘れられない「大漁」の感動

漁師が一番やりがいを感じるのは、やはり、狙っていた魚が大漁に獲れた瞬間です。

天候や魚の習性を読み解きながら網を仕掛ける漁は、ある意味で魚との頭脳戦です。うまくいかないことも多い分、狙い通りに網にかかったたくさんの魚たちがピチピチと跳ね回る光景は、何度見ても感動するものなのだそうです。

さらに、大漁に獲れた魚を市場に出して、高い値段がついたりお客さんに評価してもらえたりすることが、漁師にとって何よりの喜びです。

魚食文化は、島国である日本に長く根付いている大切な食文化。日本人が愛する「刺身」も「寿司」も「焼き魚」も、全ては漁師たちが命がけで獲ってきた魚があるからこそ、食べられるものなのです。

特に「寿司」は海外のファンも増えており、世界に誇れる日本食として広まりつつあります。

漁師は、自分が獲ってきた美味しい魚でたくさんの人たちに喜びを届けられることに大きな誇りを持っているのです。

自然のなかで働く幸せ

漁師はまさに、自然とともに生きる職業です。季節によって獲る魚の種類を決め、天候を見ながら船を出すかどうかを決め、風や潮の流れを読みながら魚のいる位置を探り当てて網を仕掛けます。

自然相手の仕事は思い通りにいかないことの連続ですが、空や海に囲まれながら働けるということに幸せを感じている人も多いそうです。

また、漁は体を動かす仕事でもあります。重い荷物を積み込んだり、網を引っ張ったり引き上げたりするのはかなりの肉体労働ですが、その分体も鍛えられます。毎日の食事も、とても美味しく感じられるそうです。

大自然のなかで汗を流しながら思いきり働きたいという人にとっては、まさにうってつけの仕事と言えるでしょう。