兼業漁師の生活

漁以外の仕事もする「兼業漁師」

漁師のなかには、漁業と同時に他の仕事もしながら生計を立てている「兼業漁師」をしている人たちがいます。

兼業漁師の場合、一週間のうち何日かだけ漁に出たり、あるいは短時間だけ漁に出たりというスタイルをとることで、複数の仕事を両立させています。

それでは、「兼業漁師」の人たちはどんな仕事をかけもちしていることが多いのでしょうか?

よくあるケースが、自分の田んぼや畑を持っていて、農業と漁業を両方させているケースです。この場合は、早朝から漁に出て、昼すぎに帰って来てから農業をすることになります。

農業の場合、どうしても収穫期に忙しさが集中するので、この時期だけ漁業はお休みするということも多いようです。

また、飲食店や旅館を経営していて、自分が獲ってきた魚で料理を作って出しているケースもあります。特に港町では観光客向けに刺身を出すことも多いので、漁師自身が獲ってきた魚はお客さんにも喜ばれるようです。

会社員の「兼業漁師」

「兼業漁師」のなかには、会社員をしながら、漁師をしている人たちもいます。平日はサラリーマンとして会社で働き、土日限定で漁師をするというような働き方です。

こうした選択をとる人の多くは、代々漁師をしている家で、もともと船や漁具を持っている人たちです。

「漁師の仕事を継ぐことはできなかったけど、週末だけでも親の手伝いをしたい」という思いや「今は会社員だけど、定年退職したら漁業に専念したいから仕事に慣れたい」という思いで兼業の道を選ぶことが多いようです。

兼業漁師の道は、体力的にはハードな面もありますが、漁以外の仕事で安定した収入を得ることができるという大きなメリットがあります。