料理研究家への転職

学歴や資格は関係なし

おいしい料理を食べることが大好きな人や料理が得意な人のなかには、料理研究家という職業に強い憧れを抱いている人もいるでしょう。

料理研究家に転職しようと思ったとき、何が必要なのでしょうか。

まず、学歴や資格について見てみます。

料理研究家というのは「調理師」や「栄養士」のような国家試験に合格することが必要な職業ではありません。

とくに何の資格も持っていないという人でも、この職業に就くことが可能なのです。

また、特定の専門学校で学ばなければいけないということもありませんし、年齢や性別も限定されていないので、誰もがこの職業に就くチャンスがあるといえるでしょう。

求められる実力とインパクト

学歴や資格が必要ない世界ではありますが、卓越した料理の腕や他の人には考えられないような斬新なレシピを作りだす才能がなければ、この仕事は務まりません。

転職をする場合は「今までに飲食店などで調理に携わってきた経験がある」「栄養学の勉強をしていたので豊富な知識がある」「調理科学に精通している」など、何かしら料理の研究をするうえで役に立つ経験や知識があると有利でしょう。

あるいは、「ベテラン主婦なので時短料理なら誰にも負けない」とか「長年親の介護をするなかでおいしい介護食のレシピをたくさん作ってきた」とか「毎日子どものお弁当を作るなかでキャラ弁のテクニックが身についた」というような、実践で身につけてきた経験でもよいのです。

とにかくこの世界は実力主義で、料理研究家自身のキャラクターや経歴も大切なので、どうやって自分のレシピを多くの人に広めていくのか、プロデュース力を養うことが大切です。

極端な言い方をすれば、料理が得意で自慢のレシピを持っている人というのは世の中に数え切れないほどいるものです。

そういった人たちと一線を画す何かがなければプロフェッショナルとしてお金を稼いでいくことはできない、ということを覚悟して転職する必要があります。

求められる実力とインパクト

料理研究家への転職を考えるのであれば、料理研究家としてすでに活躍している人のもとでアシスタントをさせてもらいながら勉強をするか、あるいは最初から独立して料理教室を開いたり料理本を書いたりして活動するのか、大きく分けて2つのスタート方法があります。

アシスタントとしてスタートするほうが人脈やテクニックを学ぶ時間ができますが、そのぶん比較的安い給料で働くことになりますし、雑務をすることも多くなります。

自分自身の年齢や経済的な問題などを総合的に考慮したうえで決めることが大切です。