料理研究家の志望動機

料理が好き、だけではダメ

料理研究家というのは、料理が大好きでなければできない仕事です。

料理研究家をめざす人は、料理研究家のアシスタント採用などの試験で志望動機を聞かれれば、「料理が好きだからです」と答えることが多いのではないでしょうか。

しかし、これは料理研究家の志望動機を述べる上では少し説得力に欠けています。

料理に関係するような仕事は、世の中にはたくさんあるのです。

飲食店でおいしい料理を作っている「調理師」はもちろんのこと、食堂や病院で栄養計算をしながら献立を考えている「栄養士」ももちろんそうですし、盛り付けやテーブルコーディネートが得意な「フードコーディネーター」、料理の本を出版している「編集者」、おいしい食品の開発に力を入れる「食品メーカー社員」など、数え上げればきりがありません。

そんななかで、あえて「料理研究家」の道を進むのであれば、料理研究家ならではの料理への携わり方をしっかり理解したうえで、志望動機につなげることが大切です。

「料理が好き」だけが志望動機であれば、「他の職業でも良いのでは?」と思われてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

研究家を選んだ理由

それでは、料理研究家ならではの特色とは一体何でしょうか。

ひとつは、研究家の名の通り、とにかく料理について深く「研究する」というところでしょう。

飲食店で働く料理人の場合は、メニューができあがれば、あとはずっと同じ味の料理を提供し続けても問題ありません。

しかし、料理研究家の場合は常に新しい調理方法や食材について研究し、新しいレシピを作り出していく努力をしなければいけません。

この「研究」に魅力を感じているという人は、志望動機でもしっかりそのことをアピールしたほうがよいでしょう。

たとえば、「昔から興味のあることはとことん究めなければ気がすまない性格で、知的好奇心が旺盛なので、料理研究家は天職だと思います」というような自己アピールを入れることで、この職業への適性を伝えることができます。

情報発信の担い手として

そして料理研究家のもうひとつの特色は、「情報発信の担い手となる」というところでしょう。

料理研究家になった人の多くは、自分の作ったレシピを多くの人に広めるために活躍しています。

料理教室で生徒を教えることもあれば、テレビの料理番組に出演することもありますし、料理本を出版することもあります。

もともと料理が好きであることにプラスして、「人に何かを教えるのが好き」という性質があれば、なおよいのです。

たとえば、「人に何かを教えるのがとても得意なので、いずれは料理研究家として料理教室を開きたい」というような志望動機があると、説得力が増すでしょう。