料理研究家の求人・採用募集状況

アシスタントの求人

料理研究家として仕事がしたいと思ったとき、どのようにして仕事を探せばよいのでしょうか。

まず、料理研究家のアシスタントとしての仕事を探す場合です。

料理研究家のアシスタントの求人は、インターネットを中心に情報が出ています。料理研究家が自身のブログやホームページにアシスタントの募集情報を出すこともあるようです。

しかし、たいていの場合は、やはり人脈をたどって信頼できる人をアシスタントに雇い入れることのほうが多くなります。

たとえば、調理師の専門学校の講師を通じて求人の募集をしたり、知り合いの飲食店で働いている若手のスタッフに声をかけたり…というようなケースです。

いずれにしてもアシスタントの求人は非常に少ないですし、待遇も恵まれているとは限りません。

時給800円から1000円ほどで長時間働くこともありますし、仕事の内容も雑務中心になることが多いので、覚悟が必要です。

「どうしてもこの料理研究家のアシスタントになりたい!」という目標がある人の場合は、思い切って自分が尊敬する料理研究家の個人事務所等に問い合わせをしてみるというのもひとつの方法です。

たまたま人手が足りていなければ、まずは単発のアルバイトとして雇い入れてもらえることもありますし、人柄や料理の腕が信用されるようになればいずれ正式なアシスタントとして採用されることもあるでしょう。

この業界は自分から行動しなければチャンスを掴むことができないので、とにかく行動あるのみ、なのです。

料理研究家としての求人

一人前の料理研究家として自分の名前で仕事がしたい、と願う人はたくさんいます。

しかし、料理研究家の仕事というのは、一般的な求人情報誌に求人の案内が掲載されているようなものではありません。

テレビの出演の仕事にせよ、雑誌の料理コーナーの担当にせよ、料理本の執筆にせよ、知人や同僚がつないでくれたご縁から声がかかったり、地道に活動していたのがメディア関係者の目に留まったりして仕事が始まることが多くあります。

本人の努力はもちろんのこと「運」や「縁」も大切な世界です。

とにかくたくさんの人と出会い、そのつながりを大切にしながら、チャンスをしっかり自分のものにする積極的な姿勢が必要となるでしょう。

最近ではインターネットで自分のレシピを発信するブログをする人も増えましたし、料理のレシピを投稿して評価しあうようなアプリも人気を集めています。

たとえ一般人であっても、思いがけない形で自分のレシピが注目を集めて、料理研究家としてデビューすることになる可能性もゼロではありません。

料理研究家は、たくさんの求人募集が出ているような職業ではありませんが、目の前のチャンスを大切にして道が開けるのを待てば大きなチャンスが訪れるかもしれません。